>  >  > フランス同時テロ→空爆で繰り返される惨劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。


AirstrikeAftermath.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

 先週末、パリで未曾有の同時多発テロ事件が発生した。15日現在、死者は129人にのぼり多数の負傷者も出ている。事件後、オランド大統領は犯行がイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」によるものと断定、報復措置として即座に「イスラム国」の事実上の「首都」となっているシリア北部ラッカへの空爆に踏み切った。フランス国防省の発表によると、戦闘員のリクルート施設や訓練施設、武器弾薬庫を破壊したという。

 今回のテロを受け、欧米をはじめとする有志連合がシリア空爆をさらに強化する公算は大きい。しかしそこで懸念されるのは、内戦でこれまで悪夢のような日々を送ってきたシリアの一般市民に、さらに犠牲が拡大する事態だ。空爆の報道では、出撃する戦闘機の姿やコックピット視点の映像ばかりが届けられる。そのため私たちは、爆弾が落ちたあとに目も当てられないほど凄惨な光景が広がっているという“当たり前の事実”を忘れがちだ。今回は、ニュースでは決して放送することのできない、空爆後の地上の光景を捉えたショッキングな映像を紹介しよう。

 2013年1月2日午後1時ごろ、内戦が続くシリアで、首都ダマスカス東部郊外にあるガソリンスタンドがアサド政権側の戦闘機による爆撃を受けた。当時、現場にはガソリンを求める多くの人々が集まっていたという。投下された爆弾は、その場を一瞬にして地獄へと変えた。映像は爆撃から1時間後に撮影されたものだというが、爆発でボロボロに引き裂かれたり、炎で焼けた遺体が至る所に転がっている。あたりは一面真っ黒い煙に覆われ、救助のため近づくことさえできない状況だ――。爆撃により、少なくとも30人が殺害されたと考えられているが、このような状況下では正確な犠牲者数を把握することさえできなかった模様だ。

 このように、地上に爆弾を投下するという行為は、攻撃対象のみならず多くの一般市民を傷つける事態をも招くことを忘れてはならない。標的を外しても「誤爆」として片付けられてしまうが、地上にいる側にとっては、殺戮行為以外の何ものでもないのだ。報復がさらなる報復を呼び、そして新たなテロリストを生むというサイクルを、私たちは一体どれほど繰り返してきたのだろう。テロを憎み、本気で根絶したいと願うならば、負の連鎖をどこかで断ち切る必要があることは誰の目にも明らかだ。
(編集部)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:RAIN2016年8月 7日 18:08 | 返信

涙が出てしまった。
とても悲しくて悲惨な現実だ。
既に息絶えた男性を抱えて叫んでいる男性の悲痛な叫びがこちらにも届いてくるようで、とても胸が痛くなった。

この人は既に亡くなってしまった男性の親友だったのか、兄弟だったのか分からないが、大切な人を奪われてしまった悲痛な叫びが見ていて苦しかった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?