• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ODACHIN

,

アート

,

ゴミ

,

ファッション

,

部族

「アフリカ」「民族」と聞くと、最近でこそメディアなどで目に触れる機会が増えたものの、その実態はまだまだ明かされていないものも多く、中には度胆を抜かれるような奇抜な慣習・文化が多くある。恐らく今回の「ファッション」についても同じだろう。イギリスの大手オンラインマガジン「Mail Online」が報じた内容を紹介したい。


■これが最先端!? エチオピア南部で大流行中の「リサイクルファッション」

 東アフリカに位置する国エチオピア。この国の南部オモ渓谷一帯に住むダサネッチ族という民族のファッションが、世界のどの民族にもみられないようなオリジナル「ゴミファッション」なのだという。「リノベーション」や「アップサイクル」というワードは心得ていても、装飾品として身に着ける発想はあっぱれだ。ただ彼らとは文化も生活も全く違う我々からすると、ゴミを身に着けるのはさすがにちょっと……と一歩引いてしまうのも無理はないだろう。

rubbishfashion1.JPG
画像は「World News」より

 使用される“ゴミ”も様々で、ガラス瓶の蓋から古い腕時計、またSIMカードなどをネックレスやイヤリングに変身させている。

rubbishfashion2.JPG
画像は「World News」より

 このオモ渓谷のある一帯の街は建設労働者の人口も多いようで、彼らのためのバーがあればそこに空きビンがあり、ビンがあれば蓋がある……。というように、何もないところからシンプルに創造し、アイデアをカタチにした本当の意味でのクリエイティブな活動でもある。

rubbishfashion3.JPG
画像は「World News」より

 これらの写真をカメラに収めたフランス出身のフォトグラファー、エリック・ラフォルグ氏は写真を投稿した同誌に対し「私は、すべての種族が取引し、売買する市場に行くのが好きなんです。市場は美しいものを見つけることと、人々に会うための最高の場所なんです。そこでは誰でも彼らの創造力を披露するため、最高の服をまとっているんですよ」とダサネッチ族を含むこうした部族によるものづくりやファッションのすべてををリスペクトしているようだ。

rubbishfashion4.JPG
画像は「World News」より

 ファッション界のレジェンドであるあのココ・シャネルの名言のひとつに、

“People laughed at the way I dressed, but that was the secret of my success: I didn’t look like anyone.”
「みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じような格好をしなかったからよ」

 という言葉がある。彼らのファッションをどう捉えようが、自らのセンスで他人と違うオシャレを創造し、堂々と実行している点はこの名言に通じる部分ではないだろうか。エチオピアから第二のシャネルが誕生する日もそう遠くないのかもしれない。
(文=ODACHIN)

参考:「Daily Mail」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。