>  >  > 生きたまま上半身だけになった兵士=シリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

シリア

,

内戦

,

爆発

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。


DrinkingWater.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

 戦場で下半身を吹き飛ばされるという重傷を負った時、恐らく多くの兵士は自らの死を意識するだろう。その時、人はどのような表情を見せ、最後に何を望むのか――? 長期にわたる内戦状態にあるシリアで、2013年に撮影された凄惨な映像がすべてを物語っている。

 荒涼とした大地を貫く1本の道。仕掛けられた爆弾が炸裂したのか、それとも車両が襲撃されたのかはわからないが、路上に1人の兵士が倒れている。周囲は真っ赤な血溜まりとなっており、彼が重症を負っていることは遠目にも明らかだが、近づいてみると目を疑うような事態が進行していた。なんと兵士は、上半身だけの姿になっていたのだ。下半身は完全に吹き飛ばされ、腸も飛び出している。このような状況にもかかわらず、彼は苦痛に悶えるでもなく意識もはっきりして、言葉まで発しているではないか。そして、喉が渇いたのだろうか? 駆け寄ってきた人に水を飲ませてもらい、満足そうな表情を浮かべるのだった――。

 情報によると、動画の撮影日は2013年11月7日、兵士はシリアの反政府武装組織である「自由シリア軍」に所属していたという。タイトルに「drinking water for the last time(最後に水を飲む)」とあるため、撮影後に息絶えたようだ。

 トカナが何度もお伝えしてきたように、このような凄惨な光景は、もはやシリアの日常風景となっている。人体がボロ雑巾のように吹き飛ぶ、それが戦いの現実だ。アサド政権、反政府勢力、「イスラム国(IS)」、そして米仏などの有志連合、さらにロシアまでもが加わり混迷の度を深めるシリア内戦を1日も早く終結させるため、国際社会の協調が求められている。
(編集部)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年7月29日 01:34 | 返信

考えるのは誰にでも与えられた権利だが
アホ・バカが考えるのは誰の、何の未来にも貢献しない
シリアの官級が世界を意識しているのは確かだが
IS自体の原動は宗教的なもんだぞ
イスラムの風流は悲しいもんでな、科学を否定し2時間のティータイムを1日2回も3回もとろうとするのが当たり前、ドバイだアブダビだ石油で潤いまくってる地域も50年前までヤシの実一個で家族の一日の食事がまかなわれてた地獄の貧しさがあった
富んでる地域はナウルの様に働く意義を知らず
貧しい地域はすぐに聖戦を口にして若い奴に自爆テロを強制する

北朝鮮は将軍サマの為に国民全員が踊らされて死ぬよな まぁ上から下までクズっちゃあクズだが

5:匿名2016年4月 1日 23:48 | 返信

政府が悪とか
ゲリラが悪とか
アメリカが悪とか
ロシアが悪とか
そんなんどうでもええんやけど
一部の特権階級の利益の為に行われてる世界の戦争で、利益と関係ない人間が踊らされて死ななあかんねやろ

4:匿名2016年3月25日 02:47 | 返信

飲ませてもらった水をスゲー旨そうに飲んでて何か泣けた

3:匿名2015年11月26日 14:20 | 返信

痛そう(小並感)

2:匿名永原清喜2015年11月25日 04:04 | 返信

俺なら下半身になっても話すことが出来るんや!凄いやろ

1:匿名2015年11月23日 08:24 | 返信

この動画、捏造の可能性が高いとか言われてなかった?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?