• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

AKIRA

,

EXILE

,

HEAT

,

HIRO

,

吉沢ひかる

1118heatheat_main.jpg
※イメージ画像:『HEAT DVD-BOX』TCエンタテインメント

 関西テレビが制作し、2015年7月クールにフジテレビ系列で放送されたドラマ『HEAT』。放送開始前から映画化が発表されるなど鳴り物入りでスタートしたドラマだったが、視聴率は振るわず、映画化も白紙に戻された。

 『HEAT』の主演はEXILEのAKIRAだったことから、過去のドラマなども引き合いに“またEXILEドラマがコケた”などと言われている。どうしてEXILEの作品ばかりがコケるのだろうか。業界関係者が興味深い事情を聞かせてくれた。

「世間的にはEXILEメンバーの演技が酷評され、それが敗因とされています。たしかに彼らの演技力もコケる理由のひとつですが、もっと根本的なところに原因はあるんです」(テレビドラマ関係者)

 果たして、その原因とは何か。

「そもそも役者には、その人に合う役柄やストーリー設定がそれぞれあります。キャリアのある役者ならば何でも対応できるでしょうが、EXILEのようにキャリアの浅い役者の場合には“自分が下手に見えない作品や役柄”を選ばないといけません。たとえば、セリフが下手な役者なら、あまり話さない作品や、クールな役柄を演じるのがベストと言われます。また、下手でも上手そうに見せてくれる演出家や監督もいるので、スタッフにもこだわるべきなんです。

 普通の芸能事務所はこうした視点で物語や役柄、監督、脚本家を吟味し、所属俳優の評価を落とさないように配慮しています。しかし、彼らの所属するLDHには、この目利きがいないのです。LDHでドラマや映画仕事の選定を行っている役員がいるんですが、この人は脚本を読む能力もないため、おかしな作品を選んだり提案してしまったりするのです」(同)

 このような事情があったとは驚きだが、その役員とはどのような人物なのか。

関連キーワード

HEAT
HIRO

コメント

2:匿名2015年11月22日 23:29 | 返信

素人がいきなり主演て、そんなん見るはずないやん。ジャニーズでも脇役積み重ねてるのに。

1:匿名2015年11月22日 02:12 | 返信

そもそも、EXILEにオファーする側もどうかと思うが...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。