>  > 何人の難民を殺すかという宿題が大きな波紋を呼ぶ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
ThinkstockPhotos-494281013.jpg
画像は、Thinkstockより

 2011年1月より続く、シリア政府軍と反体制派の武力衝突、シリア騒乱(内戦や危機とも)。死者20万人以上、負傷者100万人以上と言われているが、日々争いは繰り広げられており、争いが止まぬ限り、死傷者はどちらの側にも増加する一方だろう。また騒乱を受け、国内外で避難生活を送る人、いわゆるシリア難民は1,000万人以上にも上り、日本国内でも連日「シリア難民受け入れ」のニュースが報じられている。世界中でこうした報道がされる中、ポーランドのある学校で出された宿題が物議を醸しているようだ。

 絶滅危惧種である野生のバイソンも生息する、世界遺産・ビャウォヴィエジャ森林保護区を有す、ポーランド北東部最大の都市・ビャウィストク。同市にある公立のギムナジウム(日本における中高校)の物理教師は、木のブロックを水に入れたときの浮力について説明しても興味を示さない生徒たちの気を引くため、ある宿題を出したという。

1m×2m×0.2mの救命ボートでギリシャを目指す4人のシリア難民――1㎡あたり(にかかる負担? 絶えられる重さ?/判読不能)800kg――それぞれの体重を60kgとした場合、ギリシャに着くために何人の難民をボートから突き落とさなければならないか

 エーゲ海を渡り、欧州へやって来る難民が増える一方ということを受け、まさにタイムリーなこの宿題。ひとりの学生のノートに書かれていたことに気づいた、その学生の母親がFacebookに「学校は寛容と相互理解を教える場所だと認識していた――他の教師の評判まで落とした自制心のない教師に、今後どのような結果が待ち受けるのか」と、ノートの写真を投稿したことで明るみになったようだ。

1511_nanmin_02.jpg
画像は、Freedom House Syrian Refugees/from Flickr CC BY 2.0

 その結果、同市で多文化の受け入れを推進する団体は「殺人に関する問題」だと批判。また、生徒たちの父兄も教師の解雇を求めているという。当の教師は「書き留めるよう指示すると共に『これは冗談だよ』とも説明した。しかし、宿題を出したことには後悔している」と語っているようだが、ギムナジウムの副校長は「同じようなことが繰り返されるのであれば、即時解雇」と、この問題を厳重に受け止めているとのこと。

 しかし、騒動を起こした物理教師はギムナジウムの指導部からは高い評価を受けていたらしく、想像性豊かな取り組みをする教育に対し「20××年 最優秀教師賞」的な賞に幾度もノミネートされていたそうだ。シリア難民に関する宿題も、教師なりのパフォーマンスだったのではないだろうか。

コメント

1:匿名2016年10月22日 14:26 | 返信

全員沈めればいい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。