>  >  > 中田有紀登場で消えた日テレ名物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1120nakada_main.jpg
※イメージ画像:セントフォース「中田有紀」プロフィールページより

 フリーアナウンサーの中田有紀の、結婚と妊娠が話題だ。相手は、人気ロックバンド、アジアン・カンフー・ジェネレーションのベース&ボーカル・山田貴洋である。

 中田は、青森放送を経て、フリー女子アナアナウンサーの名門といえるセント・フォースに所属。日本テレビ系のニュース專門チャンネル「NEWS24」制作による『NNN24』のキャスターを務める。現在も『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)に出演し、長年日テレの朝の顔となっている。

『NNN24』は、衛星放送やケーブルテレビで24時間放送がなされるほか、放送終了後のフィラー(穴埋め)としても流された。スレンダーで美形の中田の姿を同番組で初めて目にした視聴者も多いのではないか。一方で、中田の登場により、日テレの、ある名物風景が失われたことはあまり知られていない。

「放送終了時に流れるクロージング映像“鳩の休日”ですね。日本テレビは、民間のテレビ局として1953年に開局しました。開局当初からほとんど変わらないアナログ感の強い映像と、放送後に“砂嵐”となることから恐怖や孤独のイメージとも結び付けられることもあります」(業界関係者)

 一時期、姿を消していた「鳩の休日」は、2008年の日本テレビ開局55周年を記念して復活するも、短縮バージョンによる放送であった。それでも2011年7月24日のアナログ放送最後の日には、待望のフルバージョンが放送されたが、2014年1月以降は再び放送は行われていない。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年11月30日 16:23 | 返信

アジカン最近聴かないな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。