>  >  > HIVでもセックス依存のC・シーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1511_charlie sheen_01.jpg
画像は、「TODAY」より

 映画『プラトーン』や『メジャーリーグ』といった出演作と並び、“セックス依存症”でも知られるチャーリー・シーン。今月17日、アメリカ・NBCテレビのニュース番組『トゥデイ』に出演したシーンが、HIV感染を公表したことで世界中を驚かせた。さらに、過去に関係を持った女性にゆすられていたことも告白。

 ドラッグ、家庭内暴力、誤射、アルコール依存症など、プライベートで散々世間を賑わせてきたシーン。また、有名なセックス依存症の方はというと、これまでに抱いた女性の数は“5,000人”にも上るという。その代償だろうか。17日の放送でHIV感染を明かしたシーン。本人いわく、判明したのはおよそ4年前で「最初は脳腫瘍だと思った」そうだ。また、HIVを理由に過去に体の関係を持った女性にもゆすられたようで、その額はシーン曰く“1,000万ドル(約12億3,000万円)”とのこと。しかし、ゆすりをきっかけにHIV感染公表を決断。エイズは未発症で、主治医からも「健康」と診断されているそうなので、ひとまずは良しなのかもしれない。

動画は、「YouTube」より

 素行の悪さはあるものの、俳優としての魅力により日本にもファンが多いシーン。今回の公表に、国内からは「マジかよ、チャーリー」「もう『メジャーリーグ』の続編は期待できないのか?」といった声や、「元気そうで何より」「なんだかんだ長生きしそう」という声が上がった。また、払った金額について「どんだけ金持ってるんだ?」「最近観ないけど、さすがハリウッド。1度当たるとデカいんだな」「『メジャーリーグ』貯金、切り崩したんだろう」というファンも見られた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。