>  >  > パブの監視カメラに写った幽霊が執着するもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

パブ

,

幽霊

,

心霊写真

,

監視カメラ

 イギリス南東部に位置するハンプシャー州は、海沿いのリゾート地や国立公園、博物館などがある風光明媚な観光地である。古い民家を改造しパブを併設したヴィンテージ・イン(プチホテル)も多く、大勢の来訪客で賑わいをみせている。そんな同州イェイトリーにあるヴィンテージ・イン「White Lion」では、ある招かれざる客(!?)が話題となっている。


■監視カメラの映象に煙のような白い人影が

 先月半ばのまだ陽の明るい午後3時頃……。

 パブ内の2階にある女性用トイレへ向かう階段付近で侵入者を探知するブザーが作動し、従業員が不審者を探したが窓は施錠されており、人影も見つからなかった。念のため監視カメラを確認してみると、そこに映っていたのはなんと……。映象には窓をすり抜けて入ってくる、煙のような白い人影が映っていたのである。

「Watch terrifying moment 'ghost' caught on CCTV inside 'haunted' pub - after setting off an alarm」 動画は「YouTube」より

 マネージャーのケイト・スタニシェウスカさんはこの人影について「さまざまな噂があるが」、と前置きした上で「これは女性の幽霊なんです」 と語っている。

 驚いたことにたびたび現れているようで、ホテルに半年以上住み込んでいるケイトさんには、何度か女性の幽霊の気配を感じたことがあるのだという。「でも実際に目で確認したのはこれが初めてです」。

 実はこの築159年のWhite Lionは別名“ゴースト・パブ”と呼ばれ、現地ではいろんな幽霊が出ることでかねてより有名だ。例えば初代所有者であった故ジェームズ・ロジャー氏もそのひとりで、今でもバーに保管されているお気に入りのジョッキに強い執着があるといわれている。以前、そのジョッキを定位置から移動した際には翌日の明け方に警報装置が故障したという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。