>  > 「週刊朝日」女性編集長の怪文書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:
asahi_151123_top.jpg
「週刊朝日」(朝日新聞出版)2015年12月4日増大号


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 雑誌の世界も最近は世の中の風潮にひきずられてすっかり右傾化。保守系雑誌ばかりが幅を利かせているが、そんな中、安保法制に反対するなど、曲がりなりにもリベラルメディアとしての誌面作りを行っているのが、「週刊朝日」だ。今は子会社である朝日新聞出版が発行元だが、日本で最も歴史が古い朝日新聞の看板雑誌であることに変わりはない。

 だが、最近、その「週刊朝日」をめぐる怪文書がばらまかれ、マスコミ関係者の間で密かに話題になっている。

〈日本で最も歴史が長い、格式高い勝手に自負する週刊誌。週刊朝日。
 ハシシタ問題、小境前編集長のセクハラ問題で、風前のともしび。そこに乗り込んだ長友佐波子編集長。週刊朝日女性初の編集長と鳴り物入りでだ。だが、部数、売り上げ、激減。目も当てられない状況〉

 こんな文章で始まる怪文書なのだが、続けて書かれていたのが、その「週刊朝日」長友編集長のセクハラを指摘する誹謗中傷だった。

 それによれば「週刊朝日」と「サンデー毎日」編集部が合同で宴会を開いた際、長友氏が「サンデー毎日」の編集長に対し、絡んでエロトークを繰り広げたと記されている。

〈酒好きで知られる、長友編集長。
 実は、酒乱でもある。ぬあんと、同席していたサンデー毎日T編集長にからみだした。
 酔っぱらい、エロトークを爆発させる。長友編集長。
『週に5日はやらないと欲求が満たされない』
『ガンガンやってくれないと、いけないの』『騎乗位が一番よ』
 と店内に響く大声でひとり、下品に騒ぐ長友編集長(略)
 自らの太ももを乗せ、抱きつこうとし、やらせろとまで迫る勢い〉

 それだけではない。長友氏のセクハラ、パワハラはよく知られた話で、デスクたちもそれを見習って、セクハラ、パワハラを日常的に行っているなどと書かれている。

「週刊朝日」では、2013年10月、当時編集長だった小境郁也氏が面接にきた女性に対しセクハラ行為を行い、現職編集長としては異例の解雇処分となっている。その後釜が「週刊朝日」初の女性編集長である長友氏だったわけだが、彼女にも同様の疑惑が浮上したということらしい。実際、複数の週刊誌がこの怪文書を入手し、取材を行っているという。

 だが、今のところ、どの週刊誌でも記事にはなっていない。いったいこの怪文書の内容は本当なのだろうか。

 取材をしてみると、ディテールは多少違っているものの、怪文書に書かれていた「サンデー毎日」との酒宴じたいは実際にあったようだ。

「両誌の編集者に加え、他のマスコミ関係者も参加した合同の飲み会が開かれ、長友編集長も参加していたのはたしかですね」(出版関係者)

 また、セクハラ、パワハラの噂もたしかに編集部周辺では流れている。

「噂レベルですが、長友さんのセクハラ、パワハラ話はよく聞きますよね。長友さんが編集長になって、『週刊朝日』の表紙に女子大生だけでなく男子学生を起用することになったんですが、選考の面接で気に入った男子にセクハラ発言をしたなんて噂も流れました」(前出・出版関係者)

 だが、一方で、怪文書の内容はあまりに悪意がありすぎるという指摘が多い。たとえば、「サンデー毎日」との酒宴でも酔っ払って、羽目を外していた部分ははあったようだが、セクハラというようなレベルではなかったらしい。

「「サンデー毎日」の関係者や他の参加男性にしなだれかかるようなことはあったし、エロトークもしていたようですが、まあ、それは酔っ払って少し悪ノリしただけ。長友さんはカラオケに行ってもシャウトするようなノリの良さもあるし、酒を飲むとすごくはしゃぐ人なので、結構、誤解されるんですよ、でも、週刊誌業界の人間なら、この程度のノリはみんなあるし、とてもセクハラというようなものじゃない」(「週刊朝日」関係者)

 また、表紙に起用する男子大学生の選考面接でのセクハラも、ありえないという。

「たしかに、男子学生を表紙に起用したいと言い出したのは長友さんですが、それは、これまでの男性目線の表紙を変えようという試み。前の編集長が面接のセクハラで失敗してるんですから、さすがに同じ轍は踏まないですよ」(同前)

 どうも、女性編集長ということで、男性社員からのやっかみがそういう噂に繋がっている部分はありそうだ。

 ただし、セクハラは事実でないとしても、パワハラについては実際に、あるようだ。長友編集長の高圧的な姿勢に反発する編集部員は少なくないという。

「長友さんは好き嫌いが激しく、特定の編集者や記者を重用する一方で、気に入らない編集者や記者を徹底的にいびったり、排除したりするところがある。編集部内もそういう影響で、人間関係がかなりギクシャクしていて、辞めてしまった記者も複数います。今いる編集部員の中にも、長友さんに不満をもっている者は多い」(前出・「週刊朝日」関係者)

 そして、今回、怪文書がばらまかれた背景には、こうした長友編集長に排除された編集部員の恨み、不満があるのではないか、とも推測されているのだ。

 また、もうひとつの可能性として囁かれているのが、一緒の酒宴に参加した「サンデー毎日」関係者が関わっているのではないか、という説だ。

 実際、この怪文書には、例の酒宴以外に、こんな「サンデー毎日」に関するくだりがある。

〈驚くべき事に、長友編集長は次に、サンデー毎日編集部に殴り込みをかけてきたのだ。理由は、大学合格特別号で、週刊朝日とサンデー毎日は、大学通信から情報を貰っていた。ある時点で、サンデー毎日は情報に間違いがあり修正。情報の信憑性の確認、メディアとしての当然のチェック。しかし、週刊朝日はそれを怠り、間違いが気づかず。そのまま発行。後日、訂正を余儀なくされるはめに〉

 たしかに、この記述に近いトラブルはあったようで、「週刊朝日」は長友編集長名でお詫びを掲載。さらにこのことが一因となり、今年から「週刊朝日」は「サンデー毎日」よりデータを買い、そのまま掲載するというライバル同士とは思えない手段に打って出た。怪文書が「殴り込み」と批判しているのはこのことらしい。

 だが、一方で、この怪文書は、「サンデー毎日」編集長の頭文字が違っていたりと間違いも多く、「サンデー毎日」関係者がつくったとは思えない部分もある。前出の「週刊朝日」関係者はこういう。

「怪文書はやはり朝日の社内から出たという可能性が高いですね。それも、編集部ではない気がする。編集部員が書いていたら、もっと具体的にパワハラの描写を書いているでしょう。長友編集長が抜擢されたことで、人事や昇格の順位やバランスが崩れ、上の人間や他部署にも長友さんに不満を持つ者は多いですから、そのへんじゃないでしょうか」

 とにかく、取材すれば取材するほど、複雑な社内事情が出てくるのだが、いずれにしてもこんな状況では、おもしろい誌面を作るどころではないだろう。実際、「週刊朝日」の部数は信じられないくらいに転落しており、事実上の部数は10万部を切っているという説もあるほどだ。

 内輪揉めやパワハラをしているエネルギーがあるなら、ひとつでも多くのスクープを取り、良質な誌面作りを目指し、部数低下に歯止めをかけることのほうが先決だろう。右派メディアの跋扈に対抗するためにも「週刊朝日」には、ぜひ頑張ってもらいたいと思うのだが......。
(時田章広)

関連キーワード

コメント

1:リベラルは保守思想2016年8月 8日 11:02 | 返信

時田章広さん、偽名でしょうが、朝日をリベラルとするのは間違いですよ。
朝日は社会主義に傾倒しているであって、左翼、左派とすべきで、リベラルとは保守思想の一つ。吉田茂の軽武装経済中心など、戦後自民党政治が担ってきたものだ。

社会党と共産党は社会主義の中でも、議会政治や民主主義を認めず一党制の国を目指すマルクス・レーニン主義であり続け、西欧型社民主義を「右転落」「右傾化」と罵ってきた。社会党は86年の新宣言でマルクス・レーニン主義を放棄したというのは嘘で、新宣言の冒頭には「社会主義革命を目指す」とあり、社会主義平和勢力論など旧綱領のイデオロギーも色濃く残し、左派に配慮してマルクス・レーニン主義であり続けた。北朝鮮・総連との蜜月も続け、平和勢力の北朝鮮は拉致などしないと言い続けた。

その社会党と表裏一体の関係だったのが朝日新聞だ。

朝日は言葉の正確な意味においてリベラルではなく左翼、それもマルクス・レーニン主義の極左だった。

もっと言えば80年代、上野千鶴子らは「リベラル・フェミニズムはフェミニズムではない」と罵倒し、社民主義やリベラルを攻撃し続けた。

リベラルを敵視し続けた極左をリベラルと呼ぶの噴飯であり、止めるべきだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。