• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 パリの同時多発テロに関する古舘伊知郎の発言が波紋を呼んでいる。11月16日放映の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で古舘はパリへのテロは許せない残忍なものだとした上で、しかし有志連合やロシアによるシリアへの空爆についてこう発言した。

「一方で有志連合のアメリカのロシアの、あるいは、ヨーロッパの一部、フランスも含まれますが誤爆によって無辜の民が殺される。結婚式の車列にドローンによって無人機から爆弾が投下されて、皆殺しの目に遭う。これも、反対側から見ると、テロですよね」

 現在、IS掃討を目的とした有志連合、そしてロシアの空爆作戦が続いている。その回数は7000〜9000回という膨大な数になる。しかもいくらISの拠点や施設をピンポイントで狙っているといっても、空爆という性格上、誤爆や周辺の民間人が巻き込まれないわけはない。

 実際10月29日、「シリア人権監視団」の発表によれば、ロシア空爆開始から1カ月で亡くなった595人の死者のうち、3割以上にあたる185人が民間人だったとされる。またアメリカの国防総省でさえも昨年11月には子ども2人が、そして今年3月には子どもを含む民間人4人が空爆によって殺害された可能性を認めている。

 しかも、実際の民間人死者は、公表された数を大きく上回るであろうことは容易に想像できる。

 そう考えると「シリアの民間人からすれば有志連合の空爆もテロ」との古舘発言は至極まっとうな視点での発言だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。