>  >  > 「1ミリずつアゴ削って」浜崎あゆみの動画修正要求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

修正

,

吉沢ひかる

,

浜崎あゆみ

,

美魔女

1125seikeimajo_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 芸能界で生きるタレントたちは様々なカテゴライズをされているが、最近は平子理沙などに代表されるように「美魔女」と呼ばれるカテゴリーも存在する。30代や40代など年齢を重ねているにもかかわらず、実年齢よりも若く見える容姿を有した美女のことだ。

 たしかに年をとっても若々しく存在する女性は多いのだろうが、その一方では、“美魔女タレントが雑誌グラビア取材時の画像に修正や加工を施している”との噂もある。これが事実ならば世に出ている姿とリアルな姿は大幅に異なることになるが、実際のところはどうなのだろうか。

「雑誌に関してはたしかに画像処理を頼っている美魔女タレントは多いです。そのため、雑誌とテレビで顔が違うというケースも多々あります」(芸能プロダクション幹部)

 雑誌は画像処理によって美しさを維持するケースが多いようだ。では、テレビ番組においても美魔女の出演シーンには特別な配慮を行うのだろうか。

「テレビ番組では考えられませんね。いわゆる“女優ライト”と呼ばれる専用のスポットライトでシワを飛ばすようなことはありますが、どんな大物女優でもそれでしか対応しません。もちろん、美魔女と呼ばれる人たちも同様です」(同)

 収録時に特別な配慮はないとのことだが、では編集時はどうなのだろう。番組スタッフに聞いた。

「番組では“コメント内容がマズイのでカット”とか“態度が悪そうな顔なのでカット”などの要望には対応することもありますが、『若く見えるように加工してほしい』と言われても受け入れることはありません」(テレビ番組ディレクター)

 若さ維持のための要望は受け入れないとのことだが、そこには明確な理由があるという。

「番組は放送数日前に撮影することもあるので、演出上不要な映像加工を行う時間がないのです。また、映像加工には多額のコストもかかり、ひとりのタレントを若く見せるために予算をかけられるほど余裕のある番組もありません」(同)

 たしかに、このような事情があれば要望があっても受け入れないのが普通だ。では、美魔女は雑誌には要望を出してもテレビには要望を出さないということなのか。

「そのとおりです。ほとんどの事務所がバラエティ番組に要望を出しても受け入れられないと知っています。そのため、雑誌と顔が違うと言われる前提で出るか、バラエティ番組には出ないようにするかの二択ですね」(同)

 どうやらテレビの世界では出演者の映像修正や加工は皆無のようだ。しかし、映像業界全体で見ると話が違うらしい。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年3月28日 22:00 | 返信

訴えられてもおかしくない
知能が欠片でもあればおかしな話をしている事が分かると思います

1:匿名2015年12月 1日 19:35 | 返信

90年代当時の浜崎あゆみってテレビで見てもLIVE映像で見ても全然見た目変わらなかったけど、TV番組も編集させたって事?
生番組はどうやって加工したの?
くだらねー記事。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。