>  >  > 火星で巨大ネズミが発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 人類未踏の地・火星。地球から遠く離れたこの惑星では、無人探査機が日々さまざまなミッションを遂行している。そんな中、探査機から送られてくる画像には世間を騒がせる“とんでもない代物”が映りこんでいることも珍しくなく、公開されるたびに世界中が注目している。これまでにトカナでも数多くの火星画像を紹介してきたが、今回はなんと“火星ネズミ”が発見され、話題になっているのだ。


■火星にネズミ? それとも岩?

 NASA(米国航空宇宙局)が公開した火星画像から“謎の物体”を発見したのは火星専門チャンネル「ArtAlien TV」である。YouTubeに公開された画像を見てみると、尻尾や耳まであり、確かにネズミにそっくりである。まるで火星表面を走り回っているかのようなこの物体を「ArtAlien TV」は「錯覚であるかもしれないけど……」と前置きをした上でこの物体の大きさは推定2~3フィート(約60~90cm)であり、大きな耳や目、鼻まではっきりと確認することができたと発表した。

「MARS GIGANTIC MOUSE ? & Other Strange Anomalies. ArtAlienTV - 720p60」 動画は「ArtAlien TV」より

 しかしながら、「これがネズミであるとすれば非常に大型であり、岩である可能性も高い」とする「ArtAlien TV」に対し、英「Metro」紙は「岩だらけの火星で変わった形をした岩も多く発見されているが、このネズミのような物体が『岩である』とも断定することはできない」と報じている。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

コメント

3:匿名2015年12月 1日 21:36 | 返信

謎の陰謀論主張...
なぜここまでNASAの陰謀を推し進めるのか
ここの記事を書いている人は事実をしっかりと伝えるという意思を持っていただきたいです

2:匿名2015年11月28日 16:06 | 返信

これ、尻尾に見える部分はでかい黒い岩の手前に白っぽい岩があるせいでそう見えてるだけじゃん。
こういうやつって石が3つ並んでるだけで、顔があるって言い張りそうだ。

1:匿名2015年11月28日 15:32 | 返信

探査機が月や火星に行ってないとか言いはってる連中は、キリスト教保守派の一派。彼らによる宗教的プロパガンダを真に受けてるアメリカ人が多い。また、古代文明に宇宙人関与説を持ち込んだのは、現地人が高度な文明を持てたはずがないという植民地宗主国的な傲慢かつ不遜な人種差別主義者の妄想。レイシストの神話を信じてはいけない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。