>  > 男に騙されていた? グラドル高崎聖子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1117takasho_main.jpg
※イメージ画像:『恋人としては手強い彼女 高崎聖子』サークルチェンジ

 1998年にスタートし、17年の歴史を誇る日本テレビのイメージガールプロジェクト「日テレジェニック」。これまでは加藤あいや眞鍋かをりなどを輩出している。

 今年は計6名のアイドルがグランプリを獲得したと発表されたが、その直後に辞退する意向を示したのが高崎聖子だ。9月に行われた発表会見では前向きなコメントをしていたが、ネット上に高崎本人と思われる女性のプライベート動画や画像が流出し、これが原因となって「日テレジェニック」を辞退することになったと言われている。

 しかし、辞退理由に関する公式アナウンスはなく、実際のところは藪の中だ。果たして、この選出と辞退を巡って何が起こっていたのか、業界関係者に話を聞いた。

「あの動画や画像に関して、本人は捏造だと否定していますが、個人的には本物だと思います。辞退した理由も明らかに動画や画像が原因です。誰がどのような意図で流したのかはわかりませんが、恨みや妬みの多い世界なので、業界関係の誰かが流したと思われます」(テレビ局関係者)

 恨みや妬みの気持ちを抱くとしたら、「日テレジェニック」の落選者やその関係者なのだろうか。

「なんとも言えませんが、ひとつの可能性としては有り得るでしょうね。『日テレジェニック』になりたいと考えるアイドルや事務所は山ほどありますから」(同)

 このプロジェクトはすでに17年の歴史があるが、近年はあまり話題にもならない。それでも選ばれたい理由は何かあるのだろうか。

「水着メーカーや住宅メーカーが毎年、キャンペーンガールを発表していますが、『日テレジェニック』もこれらと同じです。『日テレジェニック』になるとその1年間は日本テレビのキャンペーンガールになれますが、他局の仕事を引き受けにくくなります。そういうデメリットもありますが、それでもなりたいと考える人は多いですね。やはり無名のアイドルにとっては何も肩書きがないよりは、何かひとつでも肩書きになるものがあったほうが名前を売れますので」(同)

 たしかに高崎聖子の名前も今回の一件がなければ知らなかった人は多いはずだ。名前を売るという意味では重要な存在なのだろう。となると、やはりあの動画は、世の中で噂されているように「日テレジェニック」になりたいがために行動した結果なのだろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。