>  >  > 【超・閲覧注意】牡蠣による食中毒を的確に表現
君はジャケ買いできるか!? シリーズ14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Leoneko

,

ゴアグラインド

牡蠣が美味しい季節となりました
牡蠣が美味しい季節となりました

 12月に入り、牡蠣がおいしい季節になってきた。居酒屋などでも生牡蠣がメニューに追加されたりと、口にする機会も増えてきたことだろう。牡蠣は口に入れた瞬間のクリーミーさから「海のミルク」などと言われ、豊富な栄養価を持っている。

 そんな牡蠣だが、その独特の風味から苦手としている人も多い。その原因は牡蠣の内臓だ。牡蠣というのは筋肉が退化しているため、牡蠣の身というのは、実はほとんどが内臓なのである。つまり我々が牡蠣を食べるということは、ほぼ牡蠣の内臓を食べていることになる。だから独特の風味があるのだ。

 独特の風味以外で牡蠣が苦手になったという人もいるだろう。それは食あたりだ。厚生労働省が発表している食中毒の統計(※参照)によると、毎年数百人ほど牡蠣が原因とみられる食中毒患者が発生している。食中毒全体でみると、牡蠣による食中毒の発生率は5%前後で決して高い数字ではないようだ。

 しかし、牡蠣と聞くと食あたりを想像する人は多いのではないだろうか。実際、筆者はそれを経験したことがある。かなりひどい腹痛をともなう下痢と嘔吐に襲われて病院へと運ばれた。夜中に発症し、深夜に病院へ運ばれて明け方には症状は治まったのだが、死ぬ思いをした記憶がある。

 後日、筆者がどれほどひどい症状だったかを周囲に説明する際、“百聞は一見にしかず”ということで、とあるゴアグラインドのアルバムジャケットを使った。

 その際に見せたアルバムがこれである。

次ページ閲覧注意! 自己責任のもとお進みください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年12月 9日 22:31 | 返信

自分の顔に下痢するとか変態!びっくりした。しかし・・・ここの管理人は文章もかなり上手いしおもしろいですね。funになりそう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?