>  >  > 旧式人工呼吸器「鉄の肺」が怖すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

アナザー茂

,

ポリオ

,

小児麻痺

,

鉄の肺

 かの「鉄の処女」といえば、中世ヨーロッパで刑罰や拷問に用いられたとされる拷問具として有名で、東京は御茶ノ水にある明治大学博物館にて実際に見ることができる。

 それと似た名前で、かつて20世紀半ば、多くの命を救った「鉄の肺(iron lung)」なる医療器具が存在したことをご存知であろうか。医療技術が現在のように発達していなかった時代、なんとも拷問機のような物々しい人工呼吸器が大活躍したのだ。


■病魔に無力な人間とまで恐れられた小児麻痺・ポリオ

polio1.jpg
画像は、「RareHistoricalPhotos」より

 1930年頃からヨーロッパでポリオ(小児麻痺)が流行し、多くの子ども達が尊い命を失った。

 1950年代に開発されたワクチンによって患者数は大きく減少することになるのだが、ほんの半世紀ほど前まで人類にとって脅威の病であった。ポリオは、ポリオウイルスによって引き起こされる感染症で、軽い場合は風邪のような症状だけでおさまるのだが、重症になると手足のまひが起こり、運動障害が一生の後遺症として残ることもある

 またその一部の人が、数十年後に突然、疲労、痛み、筋力低下などに悩まされることがあり、これはポストポリオ症候群(PPS)と呼ばれてる。呼吸器間を司る横隔膜などに麻痺が起こると呼吸困難に陥るため、人工呼吸器の使用が不可欠であった。

 日本においても昭和24~36年頃にかけて大流行し、年間のポリオ患者数は1000~5000人、うち死亡者は100~1000人に達したと記録に残っている。特に1960年に北海道から始まった大流行では、新聞に大きく「病魔に無力な人間」「即効性のある対策無し」「ワクチンを待つ母」などの見出しが踊り、ワクチンを求めてパニックが起きたほどである。その後昭和36年に普及しはじめたポリオ生ワクチンにより、患者・死亡者数は激減、昭和55年の1例を最後に日本では確認されていないが、ワクチンが十分に接種できない発展途上国ではいまだ多くの患者がこの病魔に苦しんでいる。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年2月13日 23:15 | 返信

この記事書いたやつは学が無いだろ絶対

5:匿名2015年12月13日 20:44 | 返信

たしかにビジュアルは悪いけどすごい医療器具だと思うけど…

4:匿名2015年12月 5日 23:07 | 返信

ビジュアルが悪いのはいたしかたない。最近の医療機器はデザインが良くなって恐怖を感じないようになっているから・・・・。
ただし、原理的には現代の空気を肺に送り込む方式よりも、身体の外側を減圧する方式のほうが肺内部の血流が阻害されないので、自然に血液に酸素を取りこむという点ではすぐれている。また、死に際にでも会話を妨げられないという点においてもよい方式なのではないか・・・。
個人的には私が病気になる前にこの方式をリファインして復活をしてほしいと思う。

3:匿名2015年12月 5日 23:04 | 返信

ビジュアルが悪いのはいたしかたない。最近の医療機器はデザインが良くなって恐怖を感じないようになっているから・・・・。
ただし、原理的には現在使用されている空気を肺に送り込む方式よりも、この身体の外側を減圧する方式のほうが肺内部の血流が阻害されないので、自然に血液に酸素を取りこむという点ではすぐれている。また、死に際にでも会話を妨げられないという点においてもよい方式なのではないか・・・。
個人的には私が病気になる前にこの方式をリファインして復活をしてほしいと思う。

2:匿名2015年12月 3日 02:06 | 返信

沢山の命を救った素晴らしい医療器具なのに、見た目や欠点を誇張して書くその行為はとても残念。逆に、この機械が実用化されるまでは重症のポリオ患者は死ぬしかなかったのだから、当時の人々の気持ちを考えたらどうなのだろうか。
拷問みたい云々と書く事に一体どんな意味があるのだろう?

1:匿名2015年12月 2日 14:36 | 返信

見た目の印象だけでホラー映画みたいなストーリーに持って行こうとするのは、さすがに無理があるだろw ただの治療器具にしか見えないし、目的外使用があったような誤解を与えるのは医療に対する侮辱。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。