>  > 【閲覧注意】幼児の眼球にドローン墜落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ドローン

,

閲覧注意

 小型の無人飛行機ドローン

 もともとは敵地への偵察や空爆を行うために軍事目的で開発されたのだが、その技術は瞬く間に民間へ広まった。

「空の産業革命」と持て囃され、開発を行う企業には投資として多額の資金が集まり、新型機種が市場へ続々と登場。流通小売業最大手のアマゾンが早ければ2016年にもドローンによる商品の配達を開始するとも伝えられているため、今後、ますます私たちの生活の中に浸透していくことは間違いないだろう。ただし、ドローンはまだ発展途上のガジェットであり、使用する際の安全面や所有者のモラル面でも、多くの課題が解決されていない。

 11月26日、イギリスのBBCニュースがドローンの引き起こした痛ましい事件を報じた。

 その日、ウースターシャー州に暮らすウェッブ夫妻の元を友人のサイモン・エヴァンスが訪れた。ドローンを持参したエヴァンスは、生後18カ月になる夫妻の息子オスカーと幸せなファミリーの様子を記念に空撮しようとしたのだ。

 エヴァンスがドローンを上空へ60秒ほど飛ばし、一旦、地面へ降下させようとした際のことだった。ドローンは近くにあった木に接触し、コントロールを失ってしまった。

 きゃああああ!

 辺りにウェッブ夫妻の悲鳴があがった――。

 エヴァンスが振り返ると、目から出血したオスカーが地面に横たわり泣いていたのだ。18か月の幼児、オスカー・ウェッブの眼球は、ちょうど墜落してきたドローンのプロペラによって上下真っ二つに切り裂かれてしまったのだった。

drone1201-3.jpg
右目を負傷したオスカー君「BBC」より

 母親のエイミー・ロバーツは救急車で直ちにオスカーを病院へ搬送。緊急のオペが行われたのだが、酷く傷つけられたオスカーの右目は光を失ってしまった。

drone1201.jpg
画像は、Oscar was 16 months old when he was injured「BBC」より

「私はこれまでに多くの患者の治療を行ってきたが、ドローンによってこんなにも幼い子どもが傷つけられた例は初めてです。ドローンの使用が更に一般的になれば、このようなケースが増えるのは避けられないのかもしれません」

 手術を担当した眼科医のフェイ・メリントンは取材にそう答えた。


■各所で発生するドローン事故

 さらに今年9月12日には、アメリカのカリフォルニア州でもドローンの誤作動によって幼児が傷つけられる事件が発生している。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年12月 2日 00:39 | 返信

ドローンで宅配便輸送とか狂気の沙汰だな。損害賠償・保険金・安全性確保のための監視・・・人が運んだほうが安いし安全。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。