>  >  > ホビットは独自の遺伝構成をもつ新種人類!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 作家トールキンの指輪物語、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の主人公ホビット――。ぱっとイメージが湧く方も多いと思うが、このホビット、身長が60センチから120センチほどのファンタジーの世界の小人なのだが、実はこれにちなんで同じ名前がつけられている約1万2千年前まで生息していたヒト属(の可能性がある生物)がいる。


■「ホビット」の歯の形状に注目

homofloresiensis1.JPG
Live Science」より

 2003年にインドネシアのフローレス島で発見され、正式名称はホモ・フローレシエンシスというが、身長が約1メートルあまりのサイズから、トールキンの作中の小人「ホビット」という愛称がつけられ、こちらの名前の方が親しまれているという。

 ホビットをめぐっては専門家内でも新種人類か否かで意見が分かれている。フローレス島で発見されたホビットの化石は1万8千年前のものであったが、発見された骨やグレープフルーツほどしかない脳の小ささから発育上の障害や、もしくは若干の精神遅滞をもった小人症ピグミーのように我々ヒト(ホモ・サピエンス)と同じ種であるという説が以前は有力であった。

 だが新しい研究で広範囲にわたって歯の分析を行った結果、興味深いことが判明したという。世界中でかつて存在していたヒト属の様々な種(例:初期のホモ・ハビリスなど)から現代の人間に至るまでの490の個体と40のホビットの個体の歯を比較したところ、ホビットの歯は現代人のようにとても小さく短いものであったが、原始的なヒト属の特徴と、はるか後のヒト属に見られる特徴がミックスされた独自の遺伝構成を持っていることが発見されたのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。