>  >  > 宇宙人? 隣人の死体? 自撮り写真に緑色の顔!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ひと昔前、夏場になるとテレビ局がこぞって特集を組んだネタが、視聴者から投稿された“心霊写真”である。旅行先や訪問先で予期せず撮られてしまうこの手の写真は、恐ろしい反面興味深くもあり、いずれは撮影した本人にとってさえ格好の話のタネに姿を変えてしまうものである。

 ところが、人が寝食をし、常にやすらぎを求める自宅が撮影現場になってしまうと、事の深刻さは一変してくるようだ。今回は、セルフィー(自撮り写真)を撮ったばかりに背筋が凍る思いをした、あるイギリス人女性のニュースを紹介したい。


■恐怖のツーショット! 自撮りに写った男の顔

「私は幽霊やその類のものを信じたことがありません。他の誰かが写真を撮ったのであれば馬鹿なことだと考えたでしょうが、その“顔”はあまりにもハッキリとしていたんです」とメディアの取材に答えるのは、イングランド北西部、ランカシャー州のブラックプールに住む26歳のナターシャ・ボーデンさんだ。若くして2歳の娘を持つ母親でもある彼女は、ある夜に自宅の一室で写真を撮影したのである。

greenghost1.JPG
Tumblr「Ross Mcg」より

「髪を染めたので、具合を確かめるために手っ取り早くセルフィーを撮ることにしたんです。それで、写真をパッと開いたときに、私の右肩に身を潜めた男の顔に気がつきました」(ナターシャ・ボーデンさん)

 問題の写真を注意深く見ると、髪が垂れるボーデンさんの右肩に、直感的に人の顔と判別できる目元がこちらを覗いているように見える。セルフィーが撮られた時刻は午後11時と真夜中に近かったが、恐怖に駆られた彼女は居ても立ってもいられず、自宅である戸建てのアパートを娘を連れて飛び出した。

「私はホテルにチェックインして、ボーイフレンドに会ってほしいと頼みました。あんなものを見た後では、眠りに就ける方法がありません。――ホテル代はひと晩で40ポンドかかりましたが、それだけの値打ちがありましたよ」(ナターシャ・ボーデンさん)


■突如訪ねてきた葬儀屋たち「死体をお引取りします」

 思いもよらない心霊写真とはいえ、一目散に逃げ出すボーデンさんを大げさだと捉える人もいるだろう。ただし、実をいえばその日に至る以前から、不気味な予兆は彼女の元へと訪れていたのだ。

コメント

1:匿名2015年12月15日 18:27 | 返信

カッパちゃんでしょ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。