>  > 母親が帰宅すると娘が丸焼け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

オーブン

,

カ・ヤング

,

焼死

1512_oven_01.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 パンやグラタンなどの調理は当たり前、優れた製品だと近赤外線ヒーターで脂を落としてヘルシーに焼き上げてくれるものまで存在するオーブン。ふだんは家族のために大活躍を見せるオーブンだが、時として人殺し家電にも化けるようだ。

 ウィノナ・ライダー主演の青春映画『リアリティ・バイツ』や、ジェームズ・L・ブルックス監督の名作『愛と追憶の日々』などの舞台でも知られる、アメリカ第4の都市、テキサス州・ヒューストン。11月16日、同市に住むラクエル・トンプソン(25)は、5歳以下の4人の子ども(19カ月女児、3歳の双子、5歳児)を家に置き、交際相手の男性(21)と外出をした。外出の目的は処方薬やピザを取りに行くという他愛もないもの。外出時間もわずかなため、同じ集合住宅に住む親族に、わざわざ子どもを置いていく旨は伝えずに……。

 2時間後、用事を済ませ、無事に帰宅。トンプソンが「さあさ、わたしのベイビーたち」と家に入ると、なぜか双子と5歳児の子どもたちが、揃ってキッチンを指さし、泣き叫んでいたという。3人が指すほうへ向かうと、ドアが下になった状態のオーブンがごろん。すべてにおいて悪い予感しかしない中、オーブンを開くと、19カ月の末娘・ジェイザイラちゃんが焼けていた。トンプソンはすぐに蘇生を試みたが、時すでに遅し。ジェイザイラちゃんはオーブンにより焼死したのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。