>  > 中国で『鬼太郎』の知名度が低いワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:中国, 日刊サイゾー
“妖怪モノの本場”は建国と共に消滅!? 中国で『ゲゲゲの鬼太郎』の知名度が低いワケ

【日刊サイゾーより】  こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  11月30日、妖怪漫画の大家・水木しげる先生が、多臓器不全のため永眠されました。この訃報は大々的に報道され、多方面からお悔やみの言葉が寄せられていますね。  一方、中国に目を向けると、今回の訃報はほとんど話題になっていません。多くの日本漫画が中国で人気なのに、意外と思われるかもしれませんが、これには確固たる理由があるのです...