>  > 中国人がSMグッズを爆買い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

平田宏利

,

爆買い

,

観光客

1204bakugai_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 日本を訪れた中国人観光客などによる“爆買い”が話題だ。この言葉は、年末恒例の『2015 ユーキャン新語・流行語大賞 』にも選出されている。中国人観光客が“爆買い”するものといえば、家電製品、化粧品、衣料品といったものが思い浮かぶだろう。だが、意外なものも買われている。それがエロ関連のグッズである。この背景について、日本在住の中国人男性である王氏(30代・仮名)に話を訊いた。

「まずエログッズで売れているのは、コンドームですね。“オカモト”や“サガミ”といったメーカー名は中国でも知れ渡っています。さらに“0.01ミリ”というクオリティも知っているので、みんな買い占めていますね。自分たちで使うだけでなく、おみやげに配ったり、国内で定価以上で転売できるのも魅力となっています。大量に買い本国で売れば、条件によっては旅費滞在費もペイできてしまうほどです」(王氏)

 王氏自身、中国在住の親戚や友人から代理購入を頼まれることもあったという。さらに、コンドームとセットでローションやオナホールを買っていく中国人観光客も多いのだとか。

「中国国内ではアダルト動画や写真は違法であり“ご法度”ですが、ネットでいくらでも出回っているのが現状です。日本の動画だけでなく、中国人同士がオンラインチャットで裸を見せ合ったものや、個人的なハメ撮り動画がウイルス感染で流出するなんてこともあります。動画には事足りている一方、快楽を求めるグッズが不足しているため、オナホールやローションが売れているんです」(王氏)

 日本のAV女優である蒼井そらが中国で大人気となっているのも、もとは違法アップロード動画から人気に火がついたといえる。蒼井は美人系女優であり、綺麗でエロい子には誰もが惹かれるのだろう。だが、AVを見て“ヌク”だけでは飽きたらず、よりマニアックなグッズを買っていく中国人もいる。

「SMグッズを“爆買い”していく中国人もいますね。SMプレイ用には、毛羽立っておらず体を傷つけない縄や、火傷しないロウソクなどがあるので、まとめて買っていくようです。中国人は人口が多い割には、性癖はノーマルな人が多い印象があるんですが、それはメディアの影響もあったのでしょう。ネットの普及によりアブノーマルな変態性欲に目覚める中国人も急激に増えています」(王氏)

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年12月 7日 10:32 | 返信

中国人の話題多すぎるな。
興味ないわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。