>  > 5歳で7カ国語を操る天才少年、テレパシーも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

テレパシー

,

天才

,

清水ミロ

,

知能

,

自閉症

 言葉や表情ではなく、人の心から直接その心理を読み取る超能力の一種であるテレパシーはフィクションの世界でのみ存在すると思われていた。しかし、ハーバード大学の研究者たちによって行われる科学的なテレパシーの実験に向けて、今注目されている“ある少年”について11月16日付の米情報サイト「Oddity Central」が報じた。


■嘘か本当か? 人の心を読む驚異の5歳児!!

 アメリカのロサンゼルスに住むラムセス・サンギーノ君(5歳)は並みの少年ではない。彼の母親がネット上に投稿した動画の中で、ラムセス君が見ていないところで母親の書き出した数字を暗唱したり、英語辞書に載っている中で一番長い45文字の英単語の綴りを前と後ろの両方から書いたりと5歳児では考えもしないであろうことをいとも簡単にやってのけるのだ。

 ラムセス君は自閉症と診断されているが、その中でも知能に遅れを伴わない高機能自閉症児であるという。そしてその映像が科学者たちの目にとまったのである。

telepathicgeniuschild1.JPG
本に囲まれるラムセス君。元素の周期表を見ているようだ 画像は「Youtube」より 画像は「Barcroft TV」より

 母親のニークス・サンギーノさんは「息子は赤ちゃんのときから本を読むのが好きな子でした。生後12カ月から本を読み始め、英語やスペイン語、ギリシャ語と日本語が話せました。1歳半になると掛け算表を英語とスペイン語で暗記し、元素の周期表と原始核の中にある陽子の個数を表す原子番号も言えるようになりました」と語る。

 ニークスさんは息子が他の天才児と呼ばれる子供たちとは全く違うと確信しているが、その理由の1つとしてニークスさんが教えた知識以上のものをラムセス君が持っていることを挙げている。

 ニークスさんは「息子にいくつかの言語を教えたのは私ですが、それ以外のヒンディー語、アラビア語、ヘブライ語を3歳で覚えたことに関してはどうしてなのかわからないのです。しょっちゅうつけっぱなしになっているパソコンが原因かもしれません」と語る。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年7月13日 12:20 | 返信

1みたいな馬鹿な事を言う良くも悪くもこういった偏見が天才を潰す

1:匿名2015年12月 8日 14:58 | 返信

超人類とはこの子こと?
宇宙人の生まれ変わりかも。

こういう子達が今後たくさん生まれてくる様になれば本当に世界が変わると思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。