• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
jitsuwa_151206.jpg
「週刊実話」(日本ジャーナル出版)12月17日号

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 8月末に勃発した山口組の分裂騒動から3カ月以上、未だにその激震は収まる気配はない。最近でも故・渡辺芳則五代目組長の命日にあたる12月1日、統括委員長というナンバー3の立場にある橋本弘文・極心連合会会長の、山口組からの離脱情報が流布。その3日後、橋本会長は残留の意思を表明したが、この一件をマスコミは「山口組激震」などと大きく伝えた。

 このように騒動勃発以降、夕刊紙やスポーツ紙、そして週刊誌は山口組分裂騒動を数多く伝えてきた。特に“暴力団御用達雑誌”といわれる「アサヒ芸能」(徳間書店)、「週刊大衆」(双葉社)「週刊実話」(日本ジャーナル出版)のいわゆる実話3誌は毎週大きな誌面を割き、特集を組み、部数も好調のようだ。

 ところがそんな “分裂景気”に湧く実話誌に衝撃が襲った。それが「週刊実話」編集長の退任騒動だ。

 騒動勃発以降、「週刊実話」は他2誌を抑える形で毎週詳細な記事を掲載し、部数もダントツトップで上り調子だったと伝えられる。そんな「週刊実話」にこの時期、まさかの編集長辞任とは一体何があったのか。当初は何か決定的な誤報を犯したのではないか、という情報も流れたが、そうではなかったようだ。

「分裂以降、『週刊実話』は、分裂した側の『神戸山口組』の情報をかなり詳細に掲載してきた。その情報量は3誌の中でも群を抜いていた。ところがそれが、もう一方の『六代目山口組』サイドの逆鱗に触れたらしいのです。それで編集長が責任をとって辞めることになったと聞いています」(「週刊実話」関係者)

 実話3誌は騒動以前から、長い時間をかけ山口組や他暴力団関係者と接触を持ち、ルートや太いパイプを構築してきた。しかし分裂騒動で、そのルートも事実上“分裂”。当然、雑誌としては、情報源の関係で、片方の動きが詳しい記事になることもある。今回は、それが当事者から「敵を利する不公平な情報」と見られてしまったということらしい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。