• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
matsukawayuiko_01_151207.jpg
松川佑依子オフィシャルブログより

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 今年2月に公開された映画『テラスハウス クロージング・ドア』に出演したOL兼グラビアアイドルの松川佑依子が、ブログでグラビア引退の理由を明かし、話題を集めている。

〈ちょっと暗いのだけど(笑)酷いことされて実家に帰って家から出れなくなった時期があったのね。会社も行けなくて。去年の今頃かな。でも撮影しなきゃみんなに迷惑かかるから行かなきゃって思って。〉

 去年のいまごろといえば、ちょうど劇場版『テラハ』の撮影時期と重なる。実際、松川の昨年のブログを見ると、12月24日に〈テラスハウスに住んでいます(*^^*)〉と明かしており、劇場版『テラハ』の「撮影」の際に「酷いことされ」た、とも読み取れる。

 さらに、松川はブログでの告白で、こうも言及している。

〈夜はベッドが怖くて車で寝たりしてた。そんなことしてたら心がおかしくなってきて、この人たちと関わる場所にいたくないって思って。〉

「酷いこと」「夜はベッドが怖くて」──。これらの告白からは、何かしらのセクハラを受けたのではないかと憶測を呼んでも不思議ではない。というのも、そもそも『テラハ』はテレビ版放送時から、グラビアアイドルの筧美和子が「バストを鷲掴み」されるなどといったスタッフによるセクハラ疑惑が囁かれていたからだ。

 しかも、松川は『テラハ』映画版で“てっちゃん”こと菅谷哲也などの男性らを見事に手玉にとる“悪女”として登場していたが、今回のブログでは〈嫌な役もやったし嫌われてるかなーと思ったけど〉と、悪女という役回りを引き受けていたとも取れる記述も。つまり、「台本は一切ございません」という『テラハ』に演出があったことを匂わせているのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。