• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:
kunaichou_151209.jpg
宮内庁HP「平成27年皇太子妃殿下お誕生日に際してのご近影」より

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 今日12月9日、雅子妃が52歳の誕生日を迎えた。予想通り会見はなく、宮内庁を通じて文書で談話を発表する形式で、内容も戦後70年ということで、「戦争の悲惨さと平和の尊さに改めて思いを深くいたしました」という言葉が入っていたものの、あとは
昨年と大きく変わりはなかった。

 雅子妃の肉声を聞くことがなくなっていったいどれくらいになるのだろうか。この十数年、我々が接することのできたのは、宮内庁を通じて出される当たり障りのない談話や動静情報のみ。一方で、週刊誌では雅子妃に対する大量のバッシング情報が流されてきたが、それについて、雅子妃の反応はまったくわからないままだった。

 だが、そんななかで1年ほど前、雅子妃の思いや心の裡を代弁しているといわれる本が出版されたのをご存知だろうか。雅子妃の半生を綴ったノンフィクション『ザ・プリンセス 雅子妃物語』(文藝春秋刊)がそれだ。

 同書の著者・友納尚子は「週刊文春」「文芸春秋」などで皇室取材に取り組んでいたジャーナリストだが、2003年、雅子妃が入院した直後から、一貫して雅子妃サイドにたった詳細な内幕記事を書いてきた。ほとんどのメディアが雅子妃の休養を「仮病」扱いしていた時期から、ストレスによる「精神的な病」であることを指摘。公務や宮中祭祀の欠席問題、さらには愛子内親王の不登校や付き添い登校をめぐるバッシングが起きた際も、雅子妃サイドの言い分を代弁するように詳細な反論を書いてきた。

 そのスタンスはともかく、情報はきわめて正確で、東宮職はもちろん、雅子妃の実家である小和田家関係者や雅子妃本人にもパイプがあるのではないかと指摘されるほどだった。

 その友納氏がこれまでの取材の集大成として出版したのが前掲書『ザ・プリンセス』なのだが、そこには、これまで表には出なかったエピソード、そして雅子妃を「適応障害」にまで追い詰めた原因が綴られている。

 それはやはり、宮内庁や千代田(天皇夫妻の側近の俗称)との確執だった。同書はまず、ある事件が雅子妃の心を深く傷つけたと書いている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年5月17日 08:48 | 返信

なるほど。そういう事か。
雅子妃の馴染まない(嫁として媚びない)行動と
宮内庁のド田舎体質が、今の不協和音を生んだと。

なんてーか、宮内庁があまりに大人げないというか
田舎臭いというか・・
地味な嫌がらせをチクチクやっていた雰囲気が伺えるな。

雅子妃にも、皇室の田舎臭さを利用して
上手に煽てて媚びて持ち上げる努力が足りなかった様子もあるが…
紀子様みたいに上手に媚びることができれば、まだ多少はマシだったろうね。
(それでも、男児ができなかった時点で宮内庁の態度は想像できるが。)
それにしても、宮内庁は馬鹿をやりすぎた。
公務で妃として紹介をしないなんて、ホスト国にまで迷惑をかけるとはね。

しかも、肝心の皇太子の方に問題があったなら尚のことだ。
国民には広く知らせずに、雅子妃ばかりに非があると公に思わせている。
最低だな。
小室と秋篠宮家の問題が起きて、今になって雅子妃を持ち上げた記事を書かせているが
もはや手遅れだよ。馬鹿な宮内庁だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。