>  > 追悼、野坂昭如! 『火垂るの墓』は世界が大絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アニメ

,

戦争

,

映画

,

火垂るの墓

,

野坂昭如

fireflies.jpg
画像は『シャボン玉 日本』(毎日新聞社)より

 直木賞作家の野坂昭如が、今月9日に死去した(享年85歳)。作家としての活動のみならず、歌手活動や“元祖プレイボーイ”としても脚光を浴び、さらに『朝まで生テレビ』や『ビートたけしのTVタックル』(ともにテレビ朝日系)への出演など、さまざまな分野で活躍した異才だった。あの童謡「おもちゃのチャチャチャ」の作詞者も野坂である。

 そんな彼の代表作が、自身の戦争体験を題材とし、後にアニメ映画化もされた小説『火垂るの墓』だ。70年前、戦時下の日本を必死に生き抜こうとした幼い兄妹の最後の姿を描いた悲劇的作品だが、実は『火垂るの墓』が当時の日本にとっては敵国であったアメリカをはじめとする世界中の人々にも最高の評価をもって受け入れられ、感動の涙を誘っていることはあまり知られていない。


■詩的かつ叙情的に戦争の悲劇を伝えた

 巨大オンライン映画データベース「IMDb」では、アニメ映画『火垂るの墓』(英題:Grave of the Fireflies)について500件近いユーザーレビューが寄せられており、それらの多くは戦争の悲惨さに心を痛めたというもの、兄妹の愛に感動したというもの、またアニメ映画としての完成度を称えるものとなっている。しかし中には、ハリウッド映画の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の『プラーベート・ライアン』と比較し、「(血が吹き出したり内臓が飛び出るなどの)暴力的な描写よりも、ずっと詩的かつ叙情的に戦争の悲劇を伝えているという意味において(芸術的に)優れている」という声も寄せられている。さらに、「今まで観てきた映画の中で“もっとも素晴らしい”映画」と評価するユーザーが非常に多いことにも驚かされる。


■「人の心を武装解除する」強力な反戦のメッセージ

 アメリカの大手オンラインショッピングサイト「Amazon.com」で『火垂るの墓』のDVDソフトに寄せられている1,000件近いカスタマーレビューも、稀に見る高評価の連続となっている。「穏やかで詩的だが、他に類を見ないほど強力な反戦のメッセージが込められており、アニメという枠を超越している」「戦争映画は血みどろのものばかりだが、これは違う。まるで観る人の心を武装解除しているかのようだ」などの意見が並ぶ。どうやら、ハリウッド映画のような直接的な表現手法に頼らずとも私たちの心に突き刺さる、『火垂るの墓』のパワフルさが、非常に新鮮に感じられるようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。