>  >  > 国際会議で宇宙人のミイラが公開される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 紀元前3000年ごろから16世紀まで、長きに渡り繁栄してきたマヤ文明。比較的繁栄が困難とされる熱帯雨林の中で高度な技術を有し、壮大な都市を築いてきた。しかし、あまりにも高度な技術と豊富な天文学的知識から時代とかみ合わない不可解な点も多数発見されており、多くの研究者らから“マヤ文明には宇宙人が関与していた”という可能性も囁かれているのだ。当然のことながら、そのたびに様々な議論が巻き起こってきたが、ついにこの論争が終結を迎える時がきたのかもしれない。英「Express」紙が報じるところによると、先日ついに『宇宙人がマヤ文明に関与していた証拠』とされるミイラが発表されたというのだ。


■宇宙人の子供のミイラか?

ufoconferenceinsofia1.JPG
Express」より

『宇宙人がマヤ文明に関与していた』との発表をしたのは先日ブルガリアの首都ソフィアで行われた国際UFO会議上である。この会議には世界中の著名UFO研究家らが終結しており、懐疑的な意見を持つ否定派ともさまざまな意見が交わされたのだが、UFO研究家らは宇宙人と関係がある“決定的な証拠”としてマヤ遺跡から発掘された子どものミイラを供覧、スライドショーを用いて聴衆らにこのミイラが宇宙人であると結論付けるに至った経緯を説明したのだ。

 まず起因となったミイラだが、身長は約130cmにも満たない子どものミイラである。これは、現代の子どもでいうと推定8歳ほどの年齢であると予想される。

 UFO研究家らはこのミイラを細部に至るまで細かく分析、生存していたころの状態を再現したところ

・子どもミイラの「目」が、人の子というにはあまりにも大き過ぎる
・「耳」が耳としての機能のない、単なるイミテーションである

 などのことが判明。特に、耳の機能についてはこのミイラが人間ではないという決定的な証拠として、研究家らが調査。かの有名なUFO墜落事故「ロズウェル事件」で回収されたとされる宇宙人の死体と比較、検証して発表したのだ。

 また、UFO研究家らはマヤのほかにもエジプト文明などの古代文明には宇宙人が関わっていたのではないかと主張しており、その証拠として世界中の主要な史跡から宇宙人の存在を示す「壁画」や「像」などが発見されていることを指摘している。

 これらの遺物は、大変高度な知能をもった宇宙人が古代文明繁栄の陰に存在することを示唆しているとし、古代文明にみられるピラミッドのような構造物の建築にも宇宙人が携わっていたと主張しているのだ。

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメント

6:匿名2016年2月21日 14:16 | 返信

普通に人間に見えるがw

5:匿名2016年1月12日 13:41 | 返信

「古代文明は宇宙人がもたらしたモノ」ってもう何十年おなじネタをやってるんだよ。
証拠は相も変わらずピラミッドにどうとでも取れるような壁画。
もうちょっと「おおっ!」って気持ちになるような新ネタ出してほしいんだよなあ。

4:匿名2015年12月17日 14:40 | 返信

DNA検査せよせよ。

3:匿名2015年12月17日 13:50 | 返信

人間の子供のミイラにしか見えませんが

2:匿名2015年12月17日 07:02 | 返信

夢見たいけど、これは子供のミイラ。アゴの骨がしっかりしているのが何よりの証拠。経口摂取をやめて退化したいわゆるグレイタイプのエイリアンに特徴的なトンガリアゴとは全く異なる。眼球の大きさも標準的なサイズで特異な点は見当たらない。

1:ダニ川佳樹2015年12月16日 17:56 | 返信

芦屋市若葉町の永原清喜ソックリ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。