>  >  > オスカーが上戸彩頼みになる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1512_cmranking_01.jpg
画像は、「上戸彩オフィシャルサイト」より

 今月10日、「2015タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表された。男性部門は嵐の相葉雅紀が12社で1位、女性部門は上戸彩が13社で1位を獲得。上戸は5年ぶりとなるCMクイーンの座に返り咲いた。

 1990年から始まった「タレントCM起用社数ランキング」。キー局5局の東京地区地上波オンエア分が集計対象となる。上戸に続く2015年の女性部門ランキングは、有村架純、杏、広瀬すず、山本美月の4名が12社で2位。3位は、昨年1位だったローラ(11社)。以下、大島優子、桐谷美玲、指原莉乃、マツコ・デラックス(!?)の4名が10社で4位。5位は綾瀬はるか、木村文乃、佐々木希、武井咲、本田翼、吉田羊の6名が9社という結果となった。

 今年4月に妊娠を発表、6月ごろから産休に入り、8月に出産した上戸。休んでいた期間があるにも関わらずCMクイーンに返り咲いたことに、世間からは「結婚・出産しても人気は衰えず」「上戸さんはなんでだか見ていて癒されるからな」「あやっぺ。おめでとう」など上戸を称える声が上がっている。しかし一方で、「上戸が1位ってオスカー的にはやばいと思うけどな」「オスカーは結局上戸でいくのか」「上戸に頼りっぱなしじゃキツイと思うぞ」「武井と剛力がコケたからしゃあない」との声も上がっている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。