>  >  > “死にすぎる美女”より5万回斬られた男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1512_maenon_01.jpg
画像は、前田希美(@Maeda_Nozomi) Twitterより

 今月9日、『指原カイワイズ』(フジテレビ系)に、モデルの前田希美が“映画業界カイワイで話題の人”として登場した。異例の経歴を持つ前田に、出演者の指原莉乃だけでなく世間も驚き、注目しているようだ。しかし、「あの人の足元にも及ばない」との声が…。

“まえのん”の愛称で親しまれる前田は、「Popteen」(KADOKAWA)のモデルとして活躍する埼玉県出身の22歳。モデルだけでなく、『おはスタ』(テレビ東京系)のおはガールや、ドラマや映画にも多数出演。また、声優としても活躍を見せている。

 そんな前田が、ある界隈で“話題の人”を紹介する番組『指原カイワイズ』に出演。その注目理由は“死亡歴”。映画『携帯彼氏』、『リアル鬼ごっこ4』、『死臭 つぐのひ異譚』などに出演しているのだが、死亡する役が多く、現在までに9回“死亡”。その死亡回数の多さから、“死にすぎる美女”として業界で注目を浴びているという。世間からも「“死にすぎる美女”ってフレーズいいね」「なかなか可愛いけどよく死ぬのか、ブレイクしそう」「“美人すぎる死体”として注目浴びそう」「死にすぎる美人か、美人すぎる死体かどっちかだな」と注目が集まっている。しかし、「福本清三さんは何回死んだと思ってんだ」「9回で死にすぎとか甘すぎ」「福本清三さんの足元にも及ばないのですが」との指摘が。

1512_maenon_02.jpg
画像は、「映画『太秦ライムライト』オフィシャルサイト」より

「福本さんは殺され役・切られ役に徹して、“5万回斬られた男”の異名を持つ俳優さんです。『ラストサムライ』に出演した時には、その迫力のある“死に方”がインパクトを与えました。英語版の公式サイトには“kirareyaku”として紹介され、共演したトム・クルーズからは『ハリウッドに来てみないか』と誘われたほど、死ぬ役に定評のある役者さんなんです。今年発表された『映画史上よく死ぬ俳優14人』ランキング1位のジョン・ハートですら約40回とされていますからね。約50年間“死に続けた”福本さんと、9回“死んだ”だけの前田さんを比べるのはかわいそうだと思いますけどね」(映画誌ライター)

 今回、“死にすぎる美女”として注目を集めたが、やはり“死に役”のレジェンドとは比較にならない前田。“死んだ”回数はまだ9回だが、これから“殺され”まくって、せめてジョン・ハートよりは死んでくれることを期待したい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。