>  > 小保方氏のSTAP細胞、米国にパクられた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
小保方氏のSTAP細胞、やはり米国にパクられた? STAP現象と酷似した「iMuSCs細胞」

 一時はノーベル賞級の発見とまで言われ、世界を騒がせたSTAP細胞。しかし、その後の展開はご存知のとおりである。「リケジョ(理系女子)の星」としてマスメディアから持ち上げられた小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)は、後の論文捏造疑惑と博士号取り消しを経て、今やすっかり社会から干されてしまった。  しかし現在、「アメリカの研究者がSTAP細胞の存在を確認した」とする情報がSNSを通して...