>  > 小保方氏のSTAP細胞、米国にパクられた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
iMuSCs_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 一時はノーベル賞級の発見とまで言われ、世界を騒がせたSTAP細胞。しかし、その後の展開はご存知のとおりである。「リケジョ(理系女子)の星」としてマスメディアから持ち上げられた小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)は、後の論文捏造疑惑と博士号取り消しを経て、今やすっかり社会から干されてしまった。

iMuSCs.jpg
画像は「Scientific Reports」より引用

 しかし現在、「アメリカの研究者がSTAP細胞の存在を確認した」とする情報がSNSを通して拡散、大反響を呼んでいる。その根拠は、科学誌『ネイチャー』の運営するオンライン電子ジャーナル「Scientific Reports」(11月27日付)で、テキサス大学医学部ヒューストン校やピッツバーグ大学医学部の研究者たちが発表した「Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells(損傷誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞群)」という論文だ。情報の発信元が、かねてより小保方氏の発見は真実だと主張してきたブログ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」であることや、問題の論文を実際に読むとSTAP細胞に焦点を当てた研究ではないことから、この情報をデマと断じる動きも起きているが、果たして真相はどこにあるのか?

 結論から言ってしまうと、今回の論文で小保方氏が発見したというSTAP細胞の存在が証明されたわけではない。しかしその一方で、研究者らは「マウスから採取した筋肉の細胞に刺激を与えた(損傷させた)ところ、(ES細胞やiPS細胞のようにさまざまな細胞になることができる)幹細胞に“似た”細胞ができた」ということを発表、これを「iMuSCs細胞」と名づけているのである。確かに、手法や結果は小保方氏のSTAP細胞とはまったく異なるが、複雑な工程を経ることなく幹細胞(万能細胞)に近い性質を持つ細胞を生み出したという点に着目すれば、今回の研究の方向性が、少なくともSTAP細胞と同じ目標を見据えたものであるという点だけは間違いないだろう。


■飛鳥昭雄氏と科学ライターが、今回の騒動について語った!

 このように、(STAP細胞はなかったとしても)STAP細胞と同様のものを生み出そうとする科学界の大きな動きについて、サイエンスエンターテイナー・飛鳥昭雄氏はトカナに次のように語った。

人気連載

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

顔に改造ウジ虫を垂らし、死人続出! 理解不能な【封印ナチス映画】『ヒットラー蘇生計画』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメント

9:YI2016年5月14日 22:25 | 返信

でたらめが多すぎますね。

iMuSCsはSTAPと同じと言ってよいでしょう。

STAP現象は
外部刺激によって細胞が初期化して多能性を示す ということ。
もとになる細胞や外部刺激方法が違っているけど、本質は
同じことは明らか。違うという人は何もわかっていない。

でたらめについては

>細胞が新たに発生する? 
  違います。初期化して多能性を示すようになる
  と言っている。

>3年もまえにiMuSCs論文の軸となる第一弾? 
  この論文は初期化の話とは無関係です。

>再現実験に失敗したのだから意味がない?
  STAP論文は外部刺激で初期化して万能性を示すという
  ことを言っている。そこが最大のポイント。もちろん、
  実際に作れることは重要だが、別の方法であれ作れた
  ことが報告された。
  再現実験は顕微鏡さえも見せてもらえない状況では
  失敗しても当然ともいえる。

8:匿名2016年4月 9日 13:47 | 返信

だいたいこのアメリカの研究チームはSTAP論文より3年もまえに
iMuSCs論文の軸となる第一弾を出してるのよ
そのころバカンティのSTAP理論なんて単なる仮説の状態
再現してないから今でも仮説の段階つーか小保方のは捏造論文だったわけで
それをTAP側がパクリ扱いとか日本人として恥ずかしすぎるわ

7:匿名2016年4月 3日 17:21 | 返信

検索すりゃわかるが、4さんの言うとおりとっくにSガセと判明してるんだよな。
STAP細胞でもSTAP現象でもない。
STAP現象は同じ細胞が刺激で変化するのに対して、iMuSCs細胞は刺激を受けると
修復機能の一環として色んな機能を持った細胞が新たに組織内に発生するという
まったく別の現象。
なのに未だにSTAP現象だと言い続けるアホがいるからガセ記事も罪深い。

全く異なる内容なのにSTAP現象と言い張るやつがいるせいで、海外から見ると
日本は韓国みたいに成果を強引に泥棒しようとしているのか、また捏造かって思われてる
情弱は本当罪だよ

6:匿名2016年1月13日 16:23 | 返信

小保方さんは、かわいいのでOK

5:匿名2016年1月 1日 01:46 | 返信

再現実験に失敗したのだから意味がない

4:匿名2015年12月30日 14:23 | 返信

馬鹿馬鹿しいにもほどがある。脱分化という考えがオボちゃんの発明品みたいな言い草して、どれほど無知なんだか。脱分化は植物では当たり前に起こるし動物でもたとえば以下にある日本の研究者が発表している。
http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/saisei/dfat.html

大騒ぎしている連中は一番大事なことをすっかり忘れている。小保方はES細胞を混ぜることで実験データを捏造していたってこと。「ネッシーを発見した」と合成写真持ってきて主張した奴が、もし本当にネッシーが見つかった日には真の発見者として名誉回復されるのか?んなわけねーだろ馬鹿だねホント。

アメリカさんが汚いのは認めるけどね。アメリカ政府の陰謀がどうこうってんじゃなくて、バイオ研究の中心はアメリカだからどうしてもアメリカに振り回されるってこと。STAP論文がネイチャー誌より前、セル誌に投稿されてボツにされた時、査読担当した西海岸の研究者が結果を横取りしようと大いに頑張ったという噂があるよ。ジャーナリストを標榜するならそれくらいスクープしてくれこんなヨタ記事書くんじゃなくってさ。

3:gije2015年12月17日 22:18 | 返信

理研のスタップ細胞が本当に再現性があるかどうかよりも、先にその周辺特許を固めてしまう事が重要です。スタップ細胞作製の為の単純な作法、シンプルな手法を特許で固められては困る人達がいたと言うことです。
アホな大衆は小保方個人攻撃のメディア斉一報道にまんまと乗せられて理研の特許取得を妨害するのに協力したわけです。私達日本の利権を取られるとも知らずに今も批判し続けるとはなんとも愚か。妨害工作の背後にいる者達が特許取得を進めているのがそのうち見えてくると私も思っています。

2:匿名2015年12月15日 10:54 | 返信

STAP細胞と似たようなものを
アメリカが発見、と書いてますが、
小保方が不正行っていたのは事実でしょう?
この記事は問題のすり替えしているだけ、
陰謀論者が好みそうな言い方。

1:匿名2015年12月14日 22:31 | 返信

>同じようなケースは過去にも見られます。その代表例は、日本生まれのOS『トロン』

そのトロンの重要関係者、開発グループなど優秀な日本人達、十数人が搭乗していた飛行機が、あの墜落した 日航123便。

100%テロ。
大きな事件は必ず計画的に起こされてる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。