>  >  > 4000人と不倫も…!?海外大物ロックスターの不倫劇3選!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

――日本の芸能・時事ニュースをいち早く「海外“驚愕”スケール」と比較する! 

 国民的ロックバンド、ポルノグラフィティのギタリストである新藤晴一が先日「フライデー」(講談社)に不倫をスクープされたのは記憶に新しい。あの美人女優、長谷川京子を妻に持ちながらも時にはそんなアバンチュールをやってのけるのは、大物ロックスターの証といったところだろうか。

 ところで、海外のロックスターたちの火遊び事情はどうなっているのだろう? ここでは彼らの印象的なエピソードを三つ紹介したい。


■関係を持った人数は4000人以上!? ロック界の生きるレジェンド、ミック・ジャガー

1214rock_mic.jpg
※イメージ画像:『ミック・ジャガー~ワイルド・ライフ~』(ヤマハミュージックメディア)

 ロック史上、最も有名なミュージシャンの内のひとりであるミック・ジャガー。ローリング・ストーンズのフロントマンとして世界中を熱狂させ続けている彼だが、その私生活のプレイボーイぶりはすさまじい。現在までに二度の結婚を経験し、ふたりの元妻と4人の元恋人との間に合計7人の子どもをもうけているが、肉体関係を持った人数はなんと4,000人を超えるという。その中には、サルコジ前仏大統領の妻カーラ・ブルーニ、さらには同じく世界的な男性ミュージシャンであるデビッド・ボウイなども含まれるらしく、ここまで来ると、もはや火遊びと形容できるような質でもスケールでもないようだ。まさに、"I can't get no satisfaction!"な交遊関係である。

コメント

2:匿名2015年12月15日 12:11 | 返信

全然ロックじゃないわこいつら似非よ

1:匿名2015年12月15日 09:08 | 返信

こういう劣等遺伝子は速やかに消した方が良いね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。