>  >  > 【閲覧注意】ねじれすぎた娘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
2ED5926700000578-0-image-m-76_1448557788095.jpg
画像は、「DailyMail」より

 英紙「Daily Mail」(11月27日付)によれば、インドのニューデリー郊外に住むプリーチ・クマリ・ライさん(17歳)は、家族に囲まれ、幸せな少女時代を過ごしていたという。

 だが8歳になったある日、突如として背中に大きなコブが隆起し、背骨がねじれ始めた。身体は徐々に片方へと歪みだし、まっすぐに座っていられなくなってしまったほどだ。生活は一変、それまで当たり前にできていたことが困難を極めるようになった。


■背骨がS字型にねじ曲がりはじめた

twistedspine1.JPG
画像は「YouTube」より

 彼女の両親であるディリップ・ライさん(45歳)とミーナ・デヴィさん(40歳)は、すでに4人の息子を亡くしていたため、娘の身体に原因不明の異常が現れた時は、目の前が真っ暗になったと話す。後でわかったことだが、プリーチさんは重度の奇形を持つ先天性脊柱側弯症だったのだ。

 軽度の湾曲症はさほど珍しくないが、彼女の場合は背骨がS字型にねじ曲がり、服の上からもそれとわかるほど深刻なものとなっていた。

 溶接工のディリップさんは娘を連れ、ニューデリー中の病院を駆けずり回る日々を送った。しかし、10人以上の医者から「手の施しようがない」とサジを投げられる結果に。重度の側弯症の場合、手術が一般的だが、プリーチさんのケースは、あまりに危険が伴った。

「これまでずっと医者たちに『リスクは承知』と伝えてきました。『麻痺が残っても構わない、心の準備はできている』って。でも、だれも手術を引き受けてくれませんでした」(プリーチさん)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?