>  > 「モナ・リザ」に隠されたもう一人の人物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1214Monna Lisa_hon.jpg
画像は「YouTube」より引用

 数々の傑作を世に残してきたレオナルド・ダ・ヴィンチ、その中でも特に有名な作品といえば「モナ・リザ」だろう。描かれた人物が誰であったのかなど、この絵にまつわるエピソードは多い。見る角度によって印象が変わる特徴的な微笑の秘密については、以前トカナでも取り上げた。

 そのモナ・リザについて、また新しい発見がなされた。長年この絵を研究してきたフランス人研究家のパスカル・コット氏が9日、上海で行われたカンファレンスで行った発表によると、今見えている絵の下に「全く別人」の絵が隠されているのだという。


■4層に分かれているモナ・リザ

 1503年頃に制作が始まったとされるモナ・リザは、フィレンツェの商人であるフランチェスコ・デル・ジョコンドの依頼によって、彼の妻のリザ・デル・ジョコンドを描いたというのが現在の定説だ。4年ほどの歳月を経て完成したとみられているが、ダ・ヴィンチはこの絵をその後も持ち歩き、加筆していたという。

1214Monna Lisa_hon3.jpg
画像は「YouTube」より引用

 そんな名画について今回、光学技術を利用した絵画の分析を行う企業の創設者であるコット氏が、その技術の粋を集めて分析を行った。その手法は、絵画に様々な波長の光を当て、それをデジタル信号処理するというものだ。各種の顔料や固着剤がそれぞれ異なった波長の光を反射・拡散するため、そのデータを30億枚収集・分析することにより、表面上見えないところまで明らかにすることができた。

 その結果、モナ・リザは4層に分かれていることが判明した。その1層目である最下層には、おおまかな肖像画のアウトラインが描かれていたのだが、イスや頭部の大きさは現在見えているものとは異なるという。

 次の2層目にはヘアピンや真珠の髪飾りのようなものが描かれている。このうち何本かのヘアピンについては、肉眼でも確認することが可能だそうで、「ルーブルに行けば、空の中に見ることができますよ」とコット氏は言う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。