>  >  > 松ケンは“アノ人気俳優”の代役だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

斉藤工

,

松ケン

,

珍遊記

51q1kRx05CL.jpg
画像は、『珍遊記 1―太郎とゆかいな仲間たち』(集英社)より

 1990年から「週刊少年ジャンプ」で連載された漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、松山ケンイチ主演でまさかの実写映画化されることになった。

 公開は来年2月27日。同作は坊主頭にパンツ一丁という主人公「山田太郎」の珍道中を描いたものだが、時には片乳を出したお婆さんや、巨大なウ○コが登場する理解不能な要素を併せ持つ。

 これまで松ケンは「デトロイト・メタル・シティ」のヨハネ・クラウザーII世や「デスノート」のLなど個性派を好演。今回も強烈キャラの「山田太郎」をどう演じるか見ものだが、実は松ケンは“ある俳優”の代役だったいう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。