>  >  > 松本人志、DQNだらけの現在を憂える秀逸なコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

松本人志

71Dsg5WFAcL._SL1500_.jpg
画像は、『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成”』(よしもとアール・アンド・シー)

 近年、若い両親による“虐待と思っていない虐待行為”がみられる。先月17日には、幼児にたばこを吸わせた疑いで24歳の無職の父親と、その交際相手の16歳の少女が逮捕された。常軌を逸しているのは、このふたりが、幼児にたばこを吸わせる動画をSNS上に「3歳で喫煙ですかヤンキーだらあ」というコメント付きでアップしていたこと。虐待という意識は全くなく、微笑ましいページとして紹介しているのだ。結果、この動画が拡散され、逮捕となったところに、無知は罪と感じる。

 さらに先月末には、23歳の父親と17歳の母親が、「ふたりでスマホゲームをしたかった」という理由で、自らの生後16日の長女をゴミ箱に押し込み、さらに上からもうひとつのゴミ箱をかぶせて窒息死させてしまう。言葉を失うばかりだ。

 そして、今月に入り、交際している女性の生後3か月の長男に、覚せい剤を投与して殺害する男があらわれた。男が卑劣なのはもちろんだが、女性も覚せい剤を使用していたという。赤ちゃんと一緒にホテルに入ったということには親としての自覚を感じない。


■アホは集まると“スパーク”する

 こういった相次ぐ“親になりきれない親たち”の行動に対し、ダウンタウンの松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ)で秀逸なたとえをした。

「アホAとアホBが出会った時、アホがスパークしますよね。アホが1人でいる分には、まだ勝手にやっていたらいいんですけど」

 松本が指摘したように、アホがふたり出会ったがために、子どもが生まれ、その子どもが虐待されてしまう。

『世にも奇妙な物語』(同)で2001年に放送された「オトナ受験」。オトナ免許の試験を1年以内にパスしなければ額に「永久子ども」と烙印をおされ、一生大人として認められず生きていかなければならないというエピソードがあった。

 まさに世にも奇妙な物語だったが、2015年現在では、むしろ「オトナ受験」が必要になっている。日本は、世にも奇妙な世界となってしまっているのではないだろうか……?
(TV Journal編集部)

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年12月18日 01:43 | 返信

薬物やってる奴は人間未満のクズ

1:tokumei2015年12月17日 21:08 | 返信

今にはじまったことじゃないじゃん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。