>  > 【奇習】“かつての少年”が未だにうなされる悔恨の記憶
日本奇習紀行シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:奇習, 座敷牢, 戸叶和男, 日本奇習紀行
奇習! 座敷牢の奥で暮らす頭巾の少女 ― 富豪の屋敷に隠された「秘密」

【日本奇習紀行シリーズ】 長野県佐久市  巷では昔から「一期一会」とはいうが、人の人生や出会いというものは、そうした一期一会をモノにできず、その後の人生において、人知れず思い悩むというケースもしばしばある。  長野県の佐久市の中心部から、少しばかり車で山間部へと入った寒村で暮らす山崎孝三郎さん(仮名、88)は、少年の日に出会ったひとりの少女の姿が、また、その少女との出会いが、未だに鮮明に脳...