>  > 【毒薬の手帳】薬品染み込んだタオルで口を塞いで気絶はウソ?
【ググっても出ない毒薬の手帳】~あなたの知らない毒のソコノトコロ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳 第3回、クロロホルム/前編】 

ThinkstockPhotos-138023895.jpg
画像は、Thinkstockより

 タオルに薬品を染みこませ、被害者の口元に押さえつけると、あらあらたちまちグッタリおとなしく…。そんな悪役ロマンあふれる薬品として、映画やドラマ、マンガなどにたびたび登場するクロロホルム

 では、果たして本当に、あれほど簡単に意識を失わせる効果がクロロホルムにあるのでしょうか?

 今回はさまざまな作品でお馴染みの“あの効果”があるのかどうかを徹底検証!! その歴史的背景から掘り下げて、現実とフィクションの間にどれほど深い溝があるのかを紐解いていきましょう。

 流石に無いって? それはどうなのでしょう…?


■クロロホルムはかつては麻酔薬として使われていた

JacktheRipper1888.jpg
画像は、Wikpediaより「切り裂きジャック」

 クロロホルムが生まれたのは、ちょうど『切り裂きジャック』などの話題がヨーロッパをせっけんしていた19世紀半ば。いわゆる、科学文明が夜明けを迎えようかという時期です。ドイツの化学者であるユストゥス・フォン・リービッヒをはじめ、アメリカやフランスなどでは、エタノールにさらし粉を反応させたり、塩素とメタンを直接反応させたりなど、有機化合物を合成するさまざまな実験が繰り返されていました。そして、ついにクロロホルムの製造法が発明されます。これは、有機溶剤の登場ともいえ、その後さまざまなかたちで利用されるようになるのです。

Simpso.jpg
画像は、ジェームズ・シンプソン/Wikipediaより

 1847年、イギリスの医師であるジェームズ・シンプソンがクロロホルムの麻酔作用に目をつけ、これを用いた全身麻酔手術を成功させました。

 ちなみにこのジェームズ・シンプソン博士を調べると意外なことがわかります。

 ジェームズ・シンプソン博士は英国のエディンバラ大学の教授でもあり、『シャーロック・ホームズ』シリーズの作者でも知られるコナン・ドイルは当時、その大学で氏の講義を受けているのです。

Pd_Moriarty_by_Sidney_Paget.jpg
画像は、ジェームズ・モリアーティ「Wikipedia

 これがきっかけとなり、後の『シャーロック・ホームズ』シリーズの悪役が、相手を都合よく眠らせる薬…として用いるヒントになったのかもしれません。

 もしかして名探偵ホームズの宿敵ジェームズ・モリアーティのジェームズって…など、ほかにも色んな想像が広がってしまいます(笑)。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。