>  >  > 愚策だった、ももクロの紅白「卒業宣言」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント17

――芸能記者兼・テレビウォッチャー加藤が「なんかヘンだよ、この芸能人。このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム

1217momokuro_main.jpg
※イメージ画像:『Quick Japan 123』(太田出版)

 11月26日、ももいろクローバーZ(ももクロ)が2015年NHK紅白歌合戦の出場歌手の選考から漏れた。すると同日、公式サイトで「紅白卒業宣言」を発表したことにより、ファン(モノノフ)や各メディアの間で物議を醸したの。NHKサイドは選考について「世論の支持、演出・企画に沿う出演者」とその基準を挙げているが、ももクロライブ「男祭り2015 in 太宰府」の性差別騒動が影を落としたと思われる。011年より男性限定、女性限定ライブを交互に開催しているももクロに対し、大宰府市の地元人権団体は「観客が男性限定というのはおかしい」と苦情を申し立てたのだ。


 さて、11月30日にウーマンラッシュアワー・村本大輔がラジオ番組で「ももクロは紅白に出たくて音楽をやってるわけじゃないでしょ?」と発言したのは焦点がずれているといっていいのではないだろうか?

 結成した当初のももクロは代々木公園でストリートライブを開催していた。その場所はNHKホールと隣接していたため、彼女たちは「紅白出場」を夢として捉え、目標にしてきたのである。

 ももクロが2012年に初めて紅白に出演する直前。さいたまスーパーアリーナで行われたクリスマスライブ(ももクリ)のオープニングでは、ももクロのデビュー当時からの成長過程をVTRにまとめ、大型スクリーンに映し出した。路上ライブの映像の中央には白抜き文字で「ずっと夢見てた場所。」と表示。突如暗転すると「夢は、叶う。」という文字が浮かび上がった。場面は早見あかりがももクロの脱退を宣言するシーンに転換し、各メンバーの表情をカメラが捉える。早見の卒業コンサートへと場面が変わると、百田夏菜子が「お互い本当に大きくなって紅白で会おうね」と号泣しながら早見に抱きついた。その後、スクリーンに現れた文字は「約束への第一歩」であった。

 10代女性(早見卒業時点)にとって、「約束」という言葉は非常に重い。「約束」の場所であった紅白は、ももクロ青春スポ根成長譚物語にとって、いわゆる一つの大きなストーリー軸となっていたのである。

コメント

17:匿名2015年12月23日 20:39 | 返信

もっともっとでかくなって
紅白にまけない年末年越しライブをやればええのよ

16:匿名2015年12月23日 06:49 | 返信

自分も卒業という言葉に違和感はあったが、それぐらいでモノノフをやめる気は無い。
彼女たちの事を知っていれば信用する以外考えられないし、それでモノノフをやめる人がいたとしたら、彼女たちの事を全然分かっていない人でファンでもなんでもないミーハーなんだろうとしか思わない。
人気がどうのこうの言っても、今年関東での活動が少なくてテレビに取り上げられる機会が減っただけで、地方のライブで数万人集められる芸能人がどれだけいるか考えればおのずと分かる。
自分は彼女たちのファンになって紅白をまとも見たぐらいなので、ももクロが出ないなら紅白も見ないし、むしろカウントダウンライブの方が楽しみ。

15:匿名2015年12月22日 00:18 | 返信

>8
モノノフは必死じゃなく、激ムカということでしょ。ま、そりゃそうだろね。
必死なのはこういう紅白擁護記事の方だよ。おまけに一方的な内容だし(失笑)

14:匿名2015年12月21日 23:14 | 返信

>10代女性(早見卒業時点)にとって、「約束」という言葉は非常に重い。
その6人の大切な約束をNHKが安易に今年の紅白に組み入れようとして拒絶されたんじゃないの?

13:匿名2015年12月21日 21:54 | 返信

サイゾー乙

12:匿名2015年12月21日 20:45 | 返信

実際には、全然 愚策でも大失敗でもない件
愚策はむしろNHK紅白でしょ

11:この期に及んで・・・2015年12月21日 20:27 | 返信

どうせ電痛依頼の記事だろ。やっぱり紅白って本当に腐ってたんだな、特に今の紅白は。
みなさん、大晦日は有意義に使おう!

10:匿名2015年12月21日 18:16 | 返信

いまだに紅白の話題でももクロが出てくるということは、それだけももクロが注目されてるってことなんだねー

9:匿名2015年12月21日 18:15 | 返信

NHKに媚を売るだけの小銭稼ぎ記者による陳腐な記事ですね。ファン離れしてるのはAKBですよ

8:匿名2015年12月21日 17:36 | 返信

どうでもいいならスルーすればいいのになんでモノノフ()そんな必死なの

7:匿名2015年12月21日 17:21 | 返信

ネットニュースのライターってノルマこなさないと
尻に焼き鏝当てられる奴隷だから
ガセでも捏造でも何でも書くって有吉が言ってたけど
本当なんだなw

6:匿名2015年12月21日 16:43 | 返信

ブログのアップはマネージャーが管理しているので、本当に運営側とメンバーの間に溝があったら、あの内容のブログはアップされなかったのでは?

5:匿名2015年12月21日 16:28 | 返信

わかってない人に忠告しておくけど、ここはサイゾーと同じ運営だからね。
それで記事の内容は察してね。

4:匿名2015年12月21日 15:45 | 返信

紅白に落ちたのは、たぶん「あさいち」でぶっこみすぎたこと。
「女子アナに何カップ?」「結婚は1グループ1人」「ドリル」
これは、ももクロにとってはギャグだが、お偉いさん2人には
カチンと来たのだろう。
「卒業宣言」は最初はびっくりしたが、いつもの「プロレス」
だろう。
6人組のももいろクローバーで紅白初出場が期待できる。

3:匿名2015年12月21日 12:25 | 返信

大宰府のももクロ陣営の対応に間違いは無い。
早見との約束については、ももクロを良く知らない人たちは批判するが、
ももクロは早道の約束は決して忘れていないし、いつか自らの力で実現
するつもりだとファンは理解してるはず。
まあ、この記事は、よく調べもしないで書いた提灯記事というところかな。

2:匿名2015年12月21日 11:16 | 返信

スポーツ論、物語論、遠心力、あたりがとっちらかってて、薄っぺらい分析。
世間知らずだった時代の言葉に執着する必要なし。
進化し続ける姿に魅力の本質があるのに「あがり」が見えててどうすんだよ。

1:匿名2015年12月21日 10:35 | 返信

その前に紅白自体のこと書いたらどうなのかな、何かあったとは思うが太宰府ではないよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。