• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

1790060-2.jpg

ジョン・F・ケネディは、1963年11月22日、テキサス州ダラス市で暗殺されたthatsmymop / Shutterstock.com

 戦後の日本経済を急成長させ、生活の豊かさを高揚させた一大イベント、東京オリンピック。その開催を迎える前年の1963(昭和38)年、衝撃的な事件が世界を震撼させる。11月22日午後1時30分頃(日本時間23日午前3時30分頃)、第35代米国大統領、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは、テキサス州ダラス市で凶弾に倒れる。惨劇は、ダラス空港からオープンカーで市内の演説会場に向かうエルム通りで起きた。

 ケネディ暗殺のニュースは、日米間のテレビジョン衛星中継の実験放送が行われた当日の午前5時27分42秒~48分の20分間と、午前8時58分~9時15分の17分間に流れた。勤労感謝の日だった。実行犯とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、事件の2日後にナイトクラブのオーナー、ジャック・ルビーに射殺される。その4年後、ルビーは、肺がんによる肺塞栓症で死去。ケネディ暗殺は、世界に衝撃を与え、半世紀以上を経た現在も、その真相はまだ明かされていない。

生まれつきの虚弱体質だった

 ケネディの生立ちと病歴を追ってみよう。なお、以下の事実関係は、ピーター・コリヤー、デヴィッド・ホロウィッツの共著『ケネディ家の人々』(草思社)に拠っている。

 ケネディは、1917年5月29日 、アイルランドから移民した実業家の父・ジョセフ、母・ローズの次男としてマサチューセッツ州ブルックラインで生誕する。その名は、ボストン市長、下院議員を務めた母の祖父、ジョン・F・フィッツジェラルドにちなむ。

 ケネディ家の長女・ローズマリーは、先天性の脳障害があったため、母はローズマリーの世話に追われ、幼少期のケネディを顧みるゆとりがなかった。ケネディは愛に餓えつつ精神的なストレスを抱えていた。しかも、生まれつきの虚弱体質だったケネディは、脊髄の発育不全のためケガをしやすく、しばしば背骨や腰は激痛に襲われる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。