• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
human1217.jpg
画像は、「beforeitsnews」より

 ある人々に言わせれば、2016年は世界に対する我々の認識が根本から改められる“パラダイム・チェンジ”の年になるという。そしてこの年にいよいよ“未知との遭遇”が公になり、その存在が広く知れ渡ることになるというのだが……。


■有史以前から地球にいたもの それはエイリアン

 独立系情報サイト「Before It's News」の11月9日付の記事では、この2016年に起こるイベントは世界を地獄へと落とし込むものになるのか、あるいは人類が本来持つ人間性を目覚めさせて世界に癒しをもたらすものになるのかの、どちらかを引き起こすものになるという。そして、この世の成り立ちのはじめに何が隠されているのかを知っていなければ、2016年に起こることの意味を見抜くことができないと警鐘を鳴らしている。

 では「この世の成り立ちのはじめから隠されているもの」とは何なのか。それは有史以前から長く地球に居住しているエイリアンの存在だ。2016年、我々はこのことを覚えておかねばならない。


■米国は地下施設を建造→マッハ2の列車が走っている

hybridizationprogram1.JPG
「シャイアン・マウンテン空軍基地」 画像は「Wikipedia」より

 アメリカでは1940年代からあまり公には伝えられることなく、各地で巨大な地下施設の建設が絶えず行われてきている。

 コロラド州のロッキー山脈の地下にある巨大な地下要塞「シャイアン・マウンテン空軍基地」や、冷戦時代の核戦争を想定して作られたバージニア州ベリービル山中の地下にある「マウント・ウェザー緊急事態指揮センター」などが有名だが、この他にも米軍や政府の地下施設は次々と作られており、現在その数は120にものぼっているという。

 そして主要な地下基地の間には磁気浮上式列車の路線がすでに開通しており、一説によれば列車の最高速度はマッハ2(約2400km/h)にも達しているという。ということは現在のアメリカ政府要人は、国内の移動であればあまり航空機を使う必要はない。

コメント

2:匿名2015年12月29日 14:47 | 返信

ヘッドラインに注目を引き、読んでみるとなんのこともない。
矢追氏が昔特番でやっていた内容そのまんまじゃないの。
アルチラータメサの実験施設とか人類とのハイブリッドとか
地下施設は東西間でリニアモーターカーが走っているとか、
今もYoutubeで動画観れるよ。詳しいく知りたいんなら、
アレックス・コリア―のところに出向き取材してきたら?

1:匿名2015年12月23日 20:16 | 返信

優待離脱ですか…( •ө• )

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。