残酷すぎる一家惨殺事件3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

一家惨殺事件

,

日本怪事件

,

深笛義也

 平成12年末に起きた世田谷一家殺人事件は、未解決のまま15年が過ぎようとしている。殺人事件などの時効撤廃を盛り込んだ「時効廃止法」が成立していなければ、このまま時効を迎えることになったかもしれない。だが、廃止された今、捜査は地道に続けられている。

 平穏に暮らしている家族を襲い、子どもたちも含めて惨殺するという事件は、たびたび起きている。今回は、特徴的な3事件を紹介しよう。

【CASE1 練馬一家5人殺害事件 肉挽き機で死体をミンチ】

1218zansatu_hunmer.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 動機と、行われた犯行の残忍さの隔たりに驚くのが、昭和58年に練馬で起きた、一家5人惨殺事件だ。

 朝倉幸治郎(当時、48)は、不動産鑑定士であった。朝倉は不動産取引にも手を広げようと、事件を起こす昭和58年2月、練馬区大泉学園町の2階建ての競売物件を転売目的で、1億円以上の金を使い落札した。

 だが、そこには、まだ住人である白井明氏(45歳)一家6人が住んでいた。朝倉は何度も立ち退きを求めたが、白井氏は言を左右して応じようとしなかった。朝倉は裁判に訴えた。これに対し、白井氏は、「裁判を取り下げれば、すぐにでも引っ越す」と言ったため、朝倉はそれに従ったが、それでも一家は住み続けた

 実はこの家の元の所有者は、白井氏の義父であった。白井一家は、立ち退き料を釣り上げるため、義父から居座り続けるように言われていたという。立ち退き料の相場は500万円だが、3,000万円を目標にしていたとも言われる。

 朝倉は落札資金を銀行から借り入れており、金利は毎月100万近くに上った。また、期限までに売却先に明け渡さなければ、3,000万円の違約金を払わなければならない。

「決着をつけよう」

 そう考えた朝倉が、マサカリ、ハンマー、包丁、ノコギリを携えて、白井家を訪ねたのが、6月23日の午後3時頃だ。

 玄関に出てきた妻の頭に、朝倉はハンマーを振り下ろした。リビングルームに逃げた彼女に追いすがってさらにハンマーで殴打し殺害する。それを見て怯えている、三女(6歳)と次男(1歳)もハンマーで撲殺した。さらにこの凶行の1時間後に帰宅した次女(9歳)も、朝倉の手によって絞殺された

 凄惨な殺戮現場に、朝倉は居残った。午後9時半過ぎ、帰宅しておののく白井氏に、朝倉は“居座り”を非難し、マサカリで斬りつけて失血死させている。その後は、死体から血を抜いて解体し、肉挽き機を使って、一部をミンチ化してトイレに流した。

 後日、家に電話しても誰も出ないことを不審に思った親戚が、白井氏の隣人に様子を見るように頼んだ。隣人が訪れると、朝倉がいて「この家の人たちは引っ越した」と言う。不審に思った隣人による通報によって、警察官が駆けつけた。朝倉は一旦は勝手口から逃げようとしたが、警察官に捕まり殺害を認めた。

 平成8年11月14日、最高裁で死刑が確定。平成13年12月27日、死刑が執行された。朝倉の享年は66歳であった。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年12月14日 16:33 | 返信

犯罪者に構成の余地なんてあるわけない。
みんな被害者より苦しめて刑を重くするべき。
中国人は全滅するべし

2:匿名2015年12月21日 09:50 | 返信

犯罪犯す劣等生物は皆、死刑にしてー

1:匿名2015年12月20日 20:30 | 返信

練馬一家5人殺害事件は居座りするような社会のゴミが消し去れてGood jobですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?