>  >  > 平子理沙は大丈夫? 超絶に劣化した女性4人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
関連キーワード:

劣化

,

吉田栄作

,

平子理沙

,

手術

,

整形

,

美魔女

 今月18日、俳優の吉田栄作(46)とモデルの平子理沙(44)夫妻が離婚の準備を進めていることを「FRIDAY」が報じた。3年半の交際を経て97年に結婚した吉田と平子だが、約18年の結婚生活も終りを迎えることになりそうだ。

bimajo_5.jpg
画像は「平子理沙 写真集 『heaven』」(ワニブックス)

 吉田・平子夫妻を巡っては、今年6月に吉田に20代モデルとの“ただならぬ仲”が報じられたうえ、芸能界一の美魔女と言われていた平子の“劣化”も囁かれるようになっていた。しかも一部で、平子の劣化は筋肉の動きを制御してシワを目立たなくする「ボトックス注射」のやりすぎではないかという噂まで流れていたようだ。「もともと若いモデルタイプが好きな吉田が、若いナチュラル美女になびくのも不思議ではない」(アサ芸プラス、2015年7月24日)ならば、夫をもう一度振り向かせるため、劣化を抑えようと平子が四苦八苦していたとしても不思議ではない。

 しかし、誰にとっても平等に過ぎ去る時間の流れに抗って若さに固執することは、時に当事者にとって呪いのような強迫観念を生み、心のみならず外見さえも蝕んだ結果、さらなる劣化を招いてしまうことがある。今回は、男女関係の変化が美への執着につながり、ついには悲惨な姿へと変身を遂げてしまった世界の女性4人を紹介しよう。


1. デミ・ムーア

bimajo.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 ハリウッド女優のデミ・ムーア(53)。今年7月、久々に公の場に姿を現した際、まるで別人のような変わり果てた顔に注目が集まった。深く刻まれたシワ、たるみ、みずみずしさを失った肌……まるで白雪姫に毒りんごを手渡した老婆のようではないかというのだ。

 海外の報道によると、自分よりも16歳若い俳優アシュトン・カッチャーと2011年に破局した後、デミ・ムーアは「自分に若さがなくなったことで捨てられた」と考えるように。顔を若々しくする整形手術に、6,000万円以上をつぎ込んだという。しかし美容整形を繰り返した結果、顔はボコボコになり、肌は取り返しのつかないダメージを受けてしまったようだ。もはや映画『ゴースト』の面影は皆無。多くのファンを落胆させる結果を招いた。

平子理沙 写真集 『heaven』

平子理沙 写真集 『heaven』

美魔女ナンバーワン!

関連キーワード

コメント

9:匿名2017年8月30日 14:36 | 返信

40代の美魔女と40代の老けた女性なら、美魔女を選ばない男はいないだろう。その美の経緯はどうあれ。

8:匿名2016年9月 7日 23:53 | 返信

老いる事を拒んで無茶するから、余計に美しくなくなるって点は同意する。でも、美女なのに整形に走ってしまう要因って周りにもあるんだと思うな。普通に年取った人にも劣化とか老いたとかバッシングしたり、年相応の仕事をさせてもらえなかったりね。

7:匿名2016年5月23日 19:08 | 返信

美しくあり続けるために必死な女性←これが醜い
老いに逆らわず受け入れられる女性が美しい

6:匿名2016年3月20日 14:22 | 返信

男にも罪はあると思う。

5:匿名2016年1月 3日 21:03 | 返信

プリクラで見る、昆虫みたいな気色悪い目の4番が優勝。

4:匿名2015年12月20日 21:13 | 返信

”しわ寄せ”自然の流れに逆らい、無理を通すと、必ずしわ寄せが必要になる。

3:匿名2015年12月20日 02:12 | 返信

本来、美人とは心が綺麗な人の事。
煩悩まみれの人を指す言葉ではない。

2:匿名2015年12月19日 23:50 | 返信

自然な形で老いていった姿を劣化と呼ぶのは失礼だと思う
それは当然のことなのだから。
ただ、美に対して異常な執着心を持ち自らを省みなかった結果
醜い姿になった人は劣化と呼んでいいと思う。
それは愚かな行動の結果なのだから。

1:匿名2015年12月19日 14:09 | 返信

そもそも美しくあり続けるために必死な女性たちに対して、劣化という言葉は人として失礼過ぎないか。
まるで嘲笑うかのような表現だね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。