>  > ラブホ最上階に住み、三重スパイを疑われた在日韓国人が激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

北朝鮮

,

反日

,

安宿緑

,

韓国

911GBfefvNL.jpg
画像は、『実録・北の三叉路』(双葉社)より

 朝鮮半島出身の父と、在日韓国人2世の母をもつ在日コリアン2世の女性、安宿緑(やす・やどろく)氏が執筆した爆笑系の自伝書『実録・北の三叉路』(双葉社)を紹介したい。

 三叉路とは、三叉に分かれたいわば「Y字路」を指す。本書ではこの「3」が大きなテーマとなっており、「日本・韓国・北朝鮮」どこにも属さず、三重スパイの嫌疑をかけられたこともある三十路の著者の目線はいつもY字路の真ん中に立っている。

 また、筋金入りの腐女子である著者は、オタク目線から日・韓・北の「リア充・非リア充」たちを観察し続ける。つまり、ここにもY字路が存在し、カルチャー的な目線から三国を眺めたときの特殊な見え方が本書の見所でもあり、読者の笑いを誘う要素となっている。

 しかも、著者が影響を受けているのはBL漫画をはじめ、『聖闘士星矢』『スラムダンク』などの日本の漫画。つまるところ、日本の漫画に影響を受けつつ、北朝鮮の教育を学び続けたということになる。そんな著者のアイデンティティは、それはもう日本人が想像することすらできないほど複雑に歪んでいるといっていいだろう。ある時は金日成に抱かれてもいいと思いながら成長し、ある時はニュージーランド人と付き合い、そしてある時は二次元に思いを馳せる。日本では公安に追いかけられたり、右翼に襲撃されたり。北朝鮮に行ったら行ったで「ズボン履いてるから」という理由で5、6回も軍人に捕まるのだ。あまりにもファンキーすぎる人生ではないだろうか? それだけではない。


■ラブ&暴力の間で生きた壮絶な幼少期

 まず、著者の幼少期に驚愕だ。著者はこの環境を『血と骨』にたとえているが、西原理恵子が描く壮絶家族にも通ずるものがある。

 著者は幼い頃に父と母が離婚し、祖父母に引き取られ、都内にあるラブホテルの最上階で暮らすことになる。しかも、玄関は客と同じ。エレベーターの中で、今からセックスするカップルと鉢合わせるチマチョゴリ姿の著者……。なんともシュールすぎる暮らしである。

 祖父は14歳のとき、借金のカタとして韓国から日本に売り飛ばされた人物で、26歳の頃には鉄鋼業に分類されるのだろうか、鉄くず拾いのビジネスで成功し、年収10億円を稼ぎ出したやり手だったという。とはいえ、「ヤレればいいんだろ」といってラブホテルにも一切アメニティを置かなかったという祖父の経営方針に対しては、なぜビジネスで成功したのか著者も疑問らしい。

 そんな祖父は「韓国側支持者」であり、祖母は「北朝鮮支持者」だったことから、政治体制をめぐって殺し合いのようなけんかが日々繰り広げられていた。「北朝鮮帰れ!」「殺すぞ」「馬鹿野郎」という罵声が飛び交うのは日常茶飯事だったそうだ。つまり、家庭内で南北分裂が起きていたということだ。

 とはいえ、もともと祖父は厚い忠誠心をもった北朝鮮派だった。生き別れた姉を看取るために韓国に行ったことで在日本朝鮮人総聯合会(総連)から除名されたことに、韓国派に寝返った所以があるのかもしれないと著者は回想している。

※次ページ 朝鮮学校での生活でみえてきたもの

実録・北の三叉路

実録・北の三叉路

この本ほんとに面白いよー

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年3月11日 09:06 | 返信

強制徴用、強制連行は嘘!

1939年3月31日付けの朝日新聞にはこのような記事が乗っている。金東潤率いる韓国人男性らが、公文書を偽装して22人もの韓国人女性と日本人女性らを誘拐し、慰安婦として働かせる目的だった。
また、ブルースカミング著 Korea’s Place in the Sunにはこのようなことが書かれている。(1)「大勢の韓国人女性が韓国人男性によって慰安婦として動員された。」

「日曜日は仙台の繁華街で日本人狩り」

2~3人で仙台市内に繰り出し、
2年生はお目付役として1年生にアイツをやれとか
目配せしたり ・・・
日曜日に1年生が寮内にいたら先輩になぜ街に出て日本人を狩らないのか聞かれる
端から見てても気の毒なほど日本人をボコボコにしてるヤツもいるし
まわしケリ一発で決めるヤツもいる
相手が前かがみに倒れると、殺してしまったかと、さすがにビビるそうだ

先輩から命令されてやっていることが多いので、
2~3人とカツアゲしても 、目標額に達しないと焦ってくる
なかには給料袋のまま、数十万円もカツアゲしてくる勇者もいる
「おまえそれはひどいんじゃないか?」
「チョッパリにはなにしてもかまわねえ」
警察に捕まった朝高生も、呼び出された先生も、
我々朝鮮人を強制連行した日本政府が悪いんだと、話を政治問題に振り向けると、
バカな仙台の警察官達は、黙りこくってしまい、お目こぼしされる
【ウリ達が坊力的だったわけ】朝日新聞社員 金 漢一 著

江田五月の親は北朝 鮮人、菅直人の親も北朝鮮 人で戦時中に職を求めて日本に来た朝 鮮人。菅直人と江田五月の親は同じ北朝 鮮の寒村の出 で、岡山市の岡山県北区建部部町鶴田にやって来た。昭和十三年頃に、旭川ダムが造られ多く の朝 鮮人労働者が半島から出稼ぎに働きに来て戦中戦後に一大朝 鮮部落になったところである。
戦後の混乱期の1952年(昭和27年)4月24日、岡山市役所前で朝 鮮人2000名によって岡山市
公安条例に違反する無届デモ(岡山事件)が発生。庁舎に催涙ガス入りの瓶や石を投げられ、駆 け付けた警察官2名が朝 鮮人の所持していた竹槍に刺され死亡する事態となった。
朝 鮮人による背乗り・・・戦後の、岡山の村落では朝鮮人による背乗りが盛んに行われていた。
村の男は戦争で亡くなったり帰ってこいない、残った老人婦女子だけの多くの村落は村ごと役場 ごと朝 鮮人達に狙われた。村ごと朝 鮮人に背乗りされ、背乗りした朝 鮮人がその住民の「戸籍か ら土地、家、田畑、山、財産まで乗っ取り」、日本人になりすます朝 鮮人が岡山を中心に全国で発 生した。

岡山県・岡山事件(1952年4月24日〜5月30日)

厚かましく日本や欧米に巣食ってんじゃねぇーぞ! 人もどきのカス供

3:匿名2015年12月25日 22:52 | 返信

脊髄反射w
自分から犯罪者予備軍宣言かよw
これで被害者面なんだから終わってるわ
今すぐ帰ってくれないかね

2:匿名2015年12月25日 20:40 | 返信

安宿緑さんのブログの

【安宿緑オリジナル】トラウマとの向き合い方

というエントリーは朝鮮人の物事の捉え方の一端を覗かせる銘エントリーで超おすすめです。ぜひ一読を

1:匿名2015年12月25日 19:45 | 返信

脊髄反射ってか完全にただの逆恨みだね
(そもそも脊髄反射だから!ってのは反日である事に付いて何の弁解にもなってないが)
そもそもなんでただの韓国人が
>朝鮮半島出身の父と、在日韓国人2世の母をもつ在日コリアン2世の女性
他の外国人に比べ優遇的に日本に居られるんだ?
なんだよ在日○世って…外人が外国籍のまま世代を跨いで日本に住んでる事自体がおかしいでしょ
(しかも日本と日本人にヘイトを振りまきながらだ、そりゃ日本人から嫌われるわな…)
日本は在日朝鮮人に感謝される事はあっても恨まれる筋合いはまったく無いわけだが
何で在日朝鮮人ってのは被害者ぶれるんだろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。