>  >  > ついに不老長寿の薬発見!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

869586-2.jpg
100歳どころか、それ以上も!?(shutterstock.com)

 集中力が続かなくなった。体調が悪い日が増えた。小さな字が読みにくくなってきた……。日々のふとしたことで老化を実感し、「あぁ、若い頃の体に戻りたい」と思ったことはないだろうか。もちろん一旦進んだ時計の針を巻き戻すことは非現実的だ。

 しかし、「これから進む老化を、少なくとも20年は遅らせることができます。健康なら120歳までは確実でしょう」と言われたら、あなたはどうするだろうか?

 実はそんな夢のような不老長寿の特効薬が、近い将来に誕生するかもしれない。それも最新の医療技術を投入し、膨大なお金をかけて開発される新薬ではなく、60年近くの間、世界でもっとも多く処方されてきた、1日当たりわずか80円の糖尿病治療薬によってである。

糖尿病患者のほうが健康な人より長生きできる

 このほど米食品医薬品局(FDA)が、世界で始めて「老化を防ぎ寿命を延ばす効果がある」とされる「メトホルミン」の臨床試験を承認。そんな衝撃的なニュースが英紙「デイリー・テレグラフ」を始めとする欧米メディアで報じられたのは12月1日のことだ。

 メトホルミンは、もともと糖尿病患者やその予備軍に投与されていた基礎治療・予防薬で、1959年にフランスで承認されて以来、世界各国で広く用いられてきた。この臨床試験では、現在、投薬を受けるボランティアとして、認知症やがん、心臓病を患っているか、そのリスクがある70〜80歳の男女3000人の募集を開始。試験のための資金集めも進められている。

 以前からメトホルミンは、寿命を延ばす効果があるのではないかと指摘されてきた。今回の臨床試験に参加するイギリス・カーディフ大学の研究者がメトホルミンを回虫に投与したところ、加齢が遅れ寿命が延びる効果が確認されている。また、マウスへの投与実験でも、寿命が40%も延び、骨も丈夫になることがわかった。

 人に対しても、18万人以上の大規模調査が実施された。その結果、治療薬としてメトホルミンを定期的に服用してきた糖尿病患者は、ほかの薬を飲んでいた患者に比べて平均で8年も長生きだったことが明らかになった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。