>  >  > 2036年の日本が…物語が現実化した不気味な話6!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 先日、お馬鹿映画の巨匠・河崎実監督の新作『アウターマン』のトークショーに、筆者(山口敏太郎)が出演した。

1222autaman_01.jpg
※画像:映画『アウターマン』

 同作品に筆者は、役者として出演しており、UFO研究家“山田敏太郎”という役柄で宇宙人問題を激論する役を演じさせて頂いた。河崎監督の作品には『地球防衛未亡人』に続き二回目の出演となったわけだが、今回の作品は大変興味深いものであった。

1222autaman_02.jpg

 今作では、地球上で50年も続く人気特撮モノのヒーローが現実に現れ、そのライバルであった敵役の宇宙人も実在したという意味深な設定が描かれている。我々が楽しんできた創作作品のキャラクターが、もしこの現実社会に現れたら、いったいどうなるのであろうか。

 本稿では創作された映画やマンガ、アニメにおける架空のキャラや架空の事件が現実化した不気味な話を紹介しよう。

■1、『宇宙戦艦ヤマト』は実在していた!?

 まず、宇宙戦艦と聞けば、誰しもアニメの名作『宇宙戦艦ヤマト』を連想するのでないだろうか。数年前のことだが、筆者はアメリカのUFO研究家からこんなメールを受け取った。

宇宙戦艦が集まった艦隊が実在する。この情報を本にしてくれないか?

 この手の妄想話はよくあるので適当に受け流した返事を返したのだが、今年に入り武良信行氏が兵庫県上空を飛行する“宇宙戦艦”と呼んでもいいUFOの撮影に成功している。しかも、そのシルエットは我々が慣れ親しんだ『宇宙戦艦ヤマト』に酷似しているのだ。さらに、それだけではない。米国ではあのデスラー総統が乗っていた『ガミラス艦』そっくりのUFOまで撮影されている。

1222autaman_03.jpg
1222autaman_04.jpg

■2、『スター・ウォーズ』のミレニアム・ファルコン号は実在していた!?

 また、現在公開中の映画『スター・ウォーズ』シリーズで活躍するハン・ソロ船長が操る“ミレニアム・ファルコン号”そっくりのUFOがバルト海の水底でトレジャーハンターによって発見されている。創作された物体が現実に姿を現すとは、いったいどういうことなのだろうか。

1222autaman_05.jpg
※画像:「CNN.com」より

関連キーワード

コメント

8:匿名2016年1月14日 10:18 | 返信

COPPELION は、はたして2011の福一か?
2036年の20年前って言ったら今年だぞ。。。

7:匿名2015年12月25日 07:47 | 返信

>>6
詳細を書いて未来が変わったら予言ではなくなるでしょw
助かるか助からないか、全てはあなたの判断能力と準備次第。

6:匿名2015年12月25日 00:28 | 返信

1の書いてるのは、ただただ言ったもん勝ち予言!
これで何かの理由で開催しなければ予言通りって事ですね〜
詳細な予言なんて誰もでけへんよ。

5:匿名2015年12月23日 21:24 | 返信

ホンマかいな
適当な予言は誰でも出来るわ

4:匿名2015年12月23日 15:50 | 返信

重大な出来事?
…まさか東京が…

3:匿名2015年12月23日 10:49 | 返信

ノストラダムスの大予言
こじつけりゃ何でも的中
1999年7の月に空から何か降って来たっけw

2:匿名2015年12月23日 04:21 | 返信

>>1

ある重大な事件て具体的に何?

1:匿名2015年12月22日 20:28 | 返信

では、私も一つ予言を。
 
「2020東京オリンピックは中止になる」
 
2017〜2018年にかけて起こる、ある重大な出来事がその理由になります。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。