>  > 犬以下の扱いで…造園業の知られざる裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

アルバイト

,

体験談

,

石屋

,

青天青

1221niwashi_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

※造園業の知られざる裏事情前編「ウン100万円の石拾い」

※注意 これは30年前の話です。

 俺がいた石屋が、拾ってきた石で100万円の庭を作っていたその事実を知った頃に、俺の親方のそのまた親方とも仕事をするようになった。この親方を大親方と呼ぶことにする。

 東京近県よりもう少し田舎の場合、大きな家の庭の仕事をすることがあり、そういうときには大親方と親方と俺、さらにもうひとり大親方の手元のような人物がいて、その4人で庭を造ることが多かった。

■名前もない、言葉も発さない謎の人間

 庭の造形などのデザイン的な部分は大親方や親方の仕事で、俺ともうひとりは指示された場所に石や植木を運んだり、トラックに砂利や土をスコップで上げ下ろしする雑工なのだが、一緒に雑工をやる大親方の手元の人間が、当時は日本人だと思っていたが、言葉というものを一切発しなかったので、アジア系ということ以外、どこの国の人間かもわからず言葉も話せない。名前すらわからず、一緒に作業をしていて話しかけても、笑顔が返ってくるだけで会話というものができなかった。

 仕事のときにはいつも昼飯を飯屋で食うのだが、飯屋にその彼が入って来ていたのは、俺と初めて仕事が一緒になってから3日間ぐらいだった。

 そのときは俺と同じものを指差して注文し、うれしそうに、美味しそうに食べていたが、3日ぐらいするとその彼だけが飯屋に連れて行かれなくなった。

 大親方に、「彼は一緒に行かないんですか?」と聞いたら、「あいつはいいんだよ」の一言ですまされた。飯を食ってるときに、「彼の名前は何て言うんですか?」と聞いても、「知らねぇな」と、雇っている大親方ですら知らない。いったいなんなんだ? 意味がわからない。表に出てトラックに戻ると、何かを食べた後がトラックの中で眠る彼の目の前に置いてあった。

関連キーワード

コメント

10:石屋なのでこの記事が気になりました2016年1月 7日 23:02 | 返信

何をもって幸か不幸という事が、個人個人、その時の状況で変わるので一概に人の人生の幸せなんてわからないと私は思います。例えば一家離散なども、その後各個人が幸せな環境を築ければ「離散して良かった」と、成り得ます。病気にしても、長年患った痛みや苦しみから解放されたならば「これで良かった」となり得る場合もあります。仏教では良く「無常」という言葉が使われますが、「全ての物事は、常に同じ常態には留まらない」と、言う意味だそうです。私は因果応報と言うのは「自分がしてきた悪しき行いはいずれ自分に帰ってくる」と、言う意味では無く「悪い行ないをしてきた事に気がつけたら、そこから改善できる」と言う意味だと最近思っています。人生を人様に迷惑をかけずにキチンと歩んで来た人が、不治の病を宣告された時に「どうして私が?」と考えたりします。毎日真面目に暮らしてきても、突然の貰い事故で命を落とす事もあります。私も若い頃は「悪いことをしてきたら悪い事が起きる、良い事だけをしていけば悪い事は起きない」と信じて居ましたが、最近は因果応報の意味は「良い事ばかりしてきたつもりでも悪い事は起こる。悪いこと(因果)に気がつく(応報)チャンスがあったらその事に感謝して改善する努力をしよう」と言う意味だと思ってます。これだとしっくり来るのですが、如何でしょう?

9:石屋なのでこの記事が気になりました2016年1月 7日 22:59 | 返信

何をもって幸か不幸という事が、個人個人、その時の状況で変わるので一概に人の人生の幸せなんてわからないと私は思います。例えば一家離散なども、その後各個人が幸せな環境を築ければ「離散して良かった」と、成り得ます。病気にしても、長年患った痛みや苦しみから解放されたならば「これで良かった」となり得る場合もあります。仏教では良く「無常」という言葉が使われますが、「全ての物事は、常に同じ常態には留まらない」と、言う意味だそうです。私は因果応報と言うのは「自分がしてきた悪しき行いはいずれ自分に帰ってくる」と、言う意味では無く「悪い行ないをしてきた事に気がつけたら、そこから改善できる」と言う意味だと最近思っています。人生を人様に迷惑をかけずにキチンと歩んで来た人が、不治の病を宣告された時に「どうして私が?」と考えたりします。毎日真面目に暮らしてきても、突然の貰い事故で命を落とす事もあります。私も若い頃は「悪いことをしてきたら悪い事が起きる、良い事だけをしていけば悪い事は起きない」と信じて居ましたが、最近は因果応報の意味は「良い事ばかりしてきたつもりでも悪い事は起こる。悪いこと(因果)に気がつく(応報)チャンスがあったらその事に感謝して改善する努力をしよう」と言う意味だと思ってます。これだとしっくり来るのですが、如何でしょう?

8:因果応報はありますよ2015年12月27日 12:37 | 返信

以下は自宅の周囲半径50メートルの中で起こった因果応報(悪行の末路)です。
 
1.銀行の支店長一家:人を下に見て馬鹿にしてはばからず、貧乏な家のことは遊ぶなと子供に教えていた。
 →奥さんはガンで死亡、長男が自殺、長女は離婚でシングルマザーに。
2.新興宗教にはまった奥さん:有名な新興宗教で強制的なお布施と勧誘で嫌われていた。
 →離婚の後、病死。自宅は売却され家族は離散。
3,覗き趣味で噂好きのオバちゃん:ある事ない事ふれてまわる厄介な人。覗き趣味があって周囲の家を監視している変人。
 →落雷で家電が全滅。旦那が心臓病で急死。
4.酒癖が悪いオッサン:普段は町内会でも面倒見のいいオッサンで正義感も強かったが、酒を飲むと豹変。DVや喧嘩が絶えず。
 →心筋梗塞で入院。回復する事なく死亡。自宅は売却され一家離散。
5.近所迷惑なリフォーム狂:周囲に声かけしないで毎週末家のDIYリフォームを繰り返すKYな一家。
 →旦那が事故死。数年後、長男が自殺。自宅を売却して引っ越し。
6.会社経営者の一家:周りの家を馬鹿にして挨拶もしないDQN一家。高級車を乗り回し、高い塀を築いて要塞のような豪邸。
 →ITバブル崩壊で会社が倒産。借金取りが押しかけてきて督促の張り紙が近所の噂に。ある日、夜逃げして行方知れず。家・土地共に債権者の手に渡る。
7.ドラ息子を抱えた一家:盗みぐせとDVが治らない馬鹿息子を抱えた一家。両親を殴り、祖母から金を脅しとる悪行三昧。
 →医療少年院に入所。その後は行方知れず。両親は離婚。家・土地ともに売却。
8.公務員OB一家:常識のない元警官で入り婿のオッサン。婿養子のくせに嫁・義母に暴言・DVあたりまえ。
 →奥さんが謎の急死。義母がイビリ出されて介護施設へ。まんまと保険金と家・土地を手に入れ、因果応報を待機中。
 
どんなに否定されても、身近でこれだけ因果応報が続けば、否定する方が難しいと思わざるをえません。ちなみに真面目に暮らしている人は、何十年も大事もなく暮らしています。結局、迷信でもなんでもなく、他人に害をなす人は自らに災いを呼び込んでるだけのことです。悪いことは悪いように。良いことは良いように。信じる信じないではなく、単なる因果律(原因を作ればその結果を招く)の問題です。

7:死神2015年12月27日 10:02 | 返信

>>5
はい、いらっしゃいませ。
そんなに怖かったですか。フフフ。
あなたにも特別コースをご用意いたしました。
いかに栄耀栄華を極めようと死神からは絶対に逃れられません。
最期の時を今からお楽しみに。呪呪。

6:匿名2015年12月27日 09:40 | 返信

>>5
残念ながら違うと思います。2の方の言うとおりではないでしょうか。
心理学では公正世界仮説という考え方があります。
この世は、善い人が報われ、悪い奴はばちが当たるという考え方で、
多くの人が抱いていると言いう「幻想」です。
釈迦が言うように、この世は無情なんじゃないでしょうか?
でなければこの世の多くの可哀そうな人たちが可哀そうなまま死んでいったことの
説明がつきませんよね。

5:死神2015年12月26日 08:40 | 返信

>>2
それはない。たとえ最後までうまく世渡りしても、生まれてきた事を後悔する苦しい苦しい死に方が待ちうけている。実際そういう連中を何人も見てきている。やつらは生前威勢のいい言葉を吐いていたが、決して安らかに死ねなかった。神は全てお見通し。勿論、あなたにも同じ運命を用意してある。しかも特別コース。せいぜい楽しんでくれ。呪呪。

4:匿名2015年12月26日 07:17 | 返信

ギャングースにもホームレスに知的障害者が結構いて、そういう親方みたいなのに使い潰された結果って聞きました。

3:北大阪在住2015年12月25日 21:09 | 返信

僕も、30年位前に似たような方を何度か見ました。

思い返せば、バブル経済の初期なのでしょうか。大阪万博や高度経済成長をへて、大きな農地の人達がお金持ちに成って行っていた頃。

その様な頃に、朝から日が暮れるまで、畑仕事をしている男性を、通学時に何度も見掛けました。

女学生も通学する中で、憚ること無く用水路に放尿する姿に、違和感を覚えました。

私の父にその男性の事を訪ねると、「○○さんのオトコシやな。」と答えました。

オトコシとは、大阪での「下男」と言う本来の意味ではなく、最低限の衣食住だけ与えられて、辛い仕事をする「知的障害者」の事を指す言葉の様でした。

その家から知的障害者を出したことを恥じる家庭から、遠くに「ほぼ無償の奉公」に出している。そんな背景が有ったのだと思います。

彼にどうすることも出来ずに、進学し、いつしか彼の事を忘れていました。

このお話を拝見し、今、とても胸を痛めています。

2:匿名2015年12月25日 20:48 | 返信

>>1

フィクションやったら報いを受けて飼い犬は幸せになるけど現実は報いなんか受けへんし飼い犬は使いもんにならんようなったら捨てられてのたれ死にするやろ。強い奴は強く弱い奴は弱くそれが現実。

1:匿名2015年12月25日 19:37 | 返信

自分が良けりゃなんでも良いなんて糞はいづれ報いを受ける。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。