>  >  > 恐怖!? IVGチルドレンの誕生で、家族概念が崩壊する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 世界を驚かせたクローン羊の誕生から約20年、昨今の生命科学の発展はめざましく、その技術を活用するための倫理的な議論が追いついていない状況だ。

 特に人間の発生に関わる分野での技術革新が社会に与える影響は大きいが、そんな研究がもたらす未来について、17日に発行された科学雑誌「Journal of Law and the Biosciences」では、新しい親子関係の誕生を示唆している。

■男女関係なく精子も卵子も作れるようになる未来

1221ivg_hon1.jpg
画像は「DailyMail」より引用

 有性生殖を行う生物においては、新しい個体を作るためには「配偶子」と呼ばれる対になった生殖細胞が必要であり、人間においては男性が精子を形成、女性が卵子を形成するという制限があった。しかし「体外配偶子形成(IVG)」によって体細胞から配偶子を作ることができれば、いよいよ生殖を自由自在に操ることが可能となる。


■マウスではすでに実験成功

 このIVG、まだマウスで成功しただけで、人間では実現していないが、その前段階までは到達している。今年7月には京都大学の研究チームが、iPS細胞から配偶子の元となる「始原生殖細胞」の作成に成功した。この細胞が「減数分裂」という特別な分裂を起こすことで配偶子が得られるのだが、それを体外で発生させるのが目下の課題だ。

 では、実際に配偶子を体外で作成できるようになったらどうなるのか。これはつまり、男性の体細胞からでも卵子を、女性の体細胞からでも精子を作ることができるので、性別に縛られないカップリングで子どもを望むことができるということだ。いや、カップリングすらも必要でなくなる。一人の人間から精子と卵子を作れば、名実ともにひとり親の子どもが生まれるのだ。

※次ページ 親子の概念が激変

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。