>  >  > なぜ日本映画が漫画原作ばかりになったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

平田宏利

,

映画

,

松山ケンイチ

,

珍遊記

1222tinnyuuki_main.jpg
※イメージ画像:映画「珍遊記」公式サイトより

 漫☆画太郎のカルト名作漫画『珍遊記』が、実写化されることがわかった。主演を務めるのは松山ケンイチ、監督は『地獄甲子園』『魁!! クロマティ高校』など数多くの漫画原作を実写化させてきた山口雄大である。

 このところ、往年の名作漫画の実写化が多い。2014年度公開作品をざっと見ても能年玲奈が不良少女役を演じたことで話題となった『ホットロード』や、ルパン三世を小栗旬、峰不二子を黒木メイサが演じた『ルパン三世』、染谷将太主演による名作漫画『寄生獣』などが実写化されている。

 現在はCGや特殊メイクの技術が発達しているため、これまで実写化不可能とされてきた漫画が持つ世界を再現することは、かつてよりは容易になっているのかもしれない。だが、中には漫画のイメージをそこなう“原作レイプ”と呼ばれるような大味な作品があることも確かだ。それでも、漫画原作の実写化映画が増え続けるのはなぜだろうか。

「一言でいえば、無難な選択肢として漫画原作があるといえます。映画というのはゼロからストーリーを作り上げるには大変な労力がかかります。さらに、その映画を黒字ベースに乗せるには膨大な宣伝活動と費用を必要とするのは明らか。その点、漫画原作ならば、作品があらかじめ持っている知名度や世界観にそのまま乗っかればいい。要は“ラク”なんです」(映画宣伝関係者)

 現在の日本映画はほとんどが製作委員会方式によって作られている。これは、テレビ局、映画会社、広告代理店などが共同で資金を出資し、出資リスクを分散するものである。その分、多くの利害がからむため、結果的に無難な作品となってしまう。文学性や芸術性の高さよりも、知名度や娯楽性、ストーリーの簡明さなどが重視される。

コメント

1:匿名2015年12月29日 14:47 | 返信

実写映画版「進撃の巨人」には世界中がひっくり返った
古典とも言えるスーツアクターやミニチュア全開の映画でトホホ
コントかw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。