>  > 米国の陰謀で日中戦争勃発!? 極秘文書流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
JosephNye.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 今年9月18日、野党や4万人を越えるデモ隊の猛反発の中、世論を二分した安保関連法案が参院で可決、法制化された。これに対して「十分な議論を経ていない」、「強硬採決だ」との批判は根強い。ほとんどの憲法学者も安保法制は違憲であると分析している。

 そして、安倍政権のこのような強硬姿勢は支持率の下落へとつながった。一時は60%を上回ることもあった支持率が、可決直後は37~38%へと下落(朝日新聞、時事ドットコムなどの調査による)、現在も40%前後となっている。安倍政権は、なぜ支持率を下落させてまで安保法案の可決を急いだのか? しばしば自民党は中国脅威論を持ち出すが、ほかにも理由があるに違いない。

 世界の陰謀論者の間では、「安倍政権がアメリカに脅迫されていた」という説が浮上している。確かに今回の安保法制で議論された集団的自衛権は、アメリカが起こした戦争に日本も加担できるようにするものだが、実はアメリカは以前から日本に集団自衛権を行使するよう要望書を出している。


■ジョセフ・ナイの極秘戦略文書に記された恐怖のシナリオ

 2008年ごろ、米国政府のとある極秘戦略文書がネット上に流出した。それは、CIAを統括する国家安全保障会議(NSC)の元議長で、後に安全保障担当の国防次官補も務めた知日派ジョセフ・ナイが、米国の上下両院の議員宛てに作成した報告書「対日超党派報告書」である。もちろん魔女である筆者も入手に成功したが、そこに記された戦慄の内容は以下の通りである。


JosephNye_2.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

1. 東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は、何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2. そのチャンスは、台湾と中国が軍事衝突を起こした時に訪れる。まず、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安全保障条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米軍・自衛隊の補給基地である日本国内の米軍基地、自衛隊基地を攻撃するであろう。本土を攻撃された日本人は激昂し、本格的な日中戦争が開始される。

3. この戦争が進行するに従い、米軍は徐々に手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦闘が中心となるように誘導する。

4. 日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5. 東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が握ることで、この地域の資源開発に米国エネルギー産業が圧倒的優位に立つことができる。

6. この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」ができるような状況を形成しておくことが必要である。

 つまり、アメリカは日本と中国を戦争させ、仲裁に乗り出す。そして、石油・天然ガスという漁夫の利を得る計画だというのだ! 上記の「米国エネルギー産業」とは、もちろんロックフェラー家を指す。しかし、恐らくそのバックにいるのは、世界を影で支配するロスチャイルド一族であろう。

コメント

3:匿名2015年12月31日 15:35 | 返信

米国の心底に有るのはアジア諸国を争わせる事だ。それが今は日韓を無理やりくっつけ対中国に向けさせようとしている。
このナイの文書から米国の動きはそれほど大きく外れていない。韓国が加わった点しか違いがない。南シナ海には軍艦を航行させるが、米軍に金払っているはずの尖閣は完全無視だ。米国の意図が透けて見える。

2:匿名2015年12月31日 08:09 | 返信

コメント欄を廃止したらどうでしょうか?

1のような卑劣な匿名の人間がいますから。

1:匿名2015年12月30日 03:06 | 返信

出たよ薄っぺらトンデモ魔女w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。